2018年5月23日 (水)

あじさい(ダンスパーティ)と「サムハラ」

花屋さんの店先を通りかかったら、あら、「ダンスパーティ」がある。

去年の6月に筥崎宮のあじさい苑でこのダンスパーティがいたくいたく

お気に召し?、あじさいの花の筆頭にしたところだった。

ピンクと白のダンスパーティの鉢があじさい苑では売られていたが、

何しろでっかい鉢なので、か弱いわたしには(笑)持って帰れそうになく

あきらめていたのだ。




ところが、今日はためらわず買った。

ピンクの小振りの鉢だったので、抱えて帰って来た。

うれしい、うれしい。

「墨田の花火」という白いあじさいも好き。

切り花でいいから、どなたか、ください、ください。


ああ、喜んでばかりもいられない。

宿題があった。

「サムハラ」って、知ってるかしら。

難しい字で、わたしのワードでは探しあたらないような字。

曾子の頃からあがめられていた ?   という歌だったけど、どうなんだろう。



①チベット仏教でいうシャンバラ(桃源郷) ?

②サムハラ神社が大阪にある ?

③お釈迦さまの弟子の曾子が臨終にあたって、体に傷一つないことを

 親の恩に報いることとし、生命の守護神「サムハラ」に感謝したとの逸話が

 あるそうだけど、時代的にどうかなぁ。



生命の守護神っていうのは、わかるような気がしないでもない。

お財布の中にあの難しい四文字の「サムハラ」を入れておくと、御利益が

あるのかしらん。



cat         cat

11階建てマンションの上の方に、上弦(昨夜だった)の月が出ている。

明るい、綺麗。(ただいま、23日 21:10)

N  さん、見てるかしら。

2018年5月21日 (月)

「定綱が訊く①馬場あき子」 歌壇 2018年6月号  本阿弥書店

新シリーズの「定綱が訊く ぶっかりインタビュー」の馬場あき子さんの

言葉が実にいい。

とても示唆に富む言葉ばかりで、マーカーを引きながら

読み終えた。聞き手の佐佐木定綱さんもインタビューを心得ている(笑)。



結社の校正や発送について。

           校正も十五、六人でやっているしね。発送もここ(馬場邸)で

           三十人くらいでやっていたの。それで今年から業者に委託

           しました。みんなが「寂しい」と言って、なつかしがる。-略

 


           --だから、「今まで辛かったことがありますか」と聞かれる

           ことがありますが、ない。全部楽しかった。事件が起きても、

           それを解決するのが楽しいのよ。


添削について。

          添削の秘訣は、添削はあまりしなくていい。最小限度の

          添削をして、お手紙を書く。ーー略

          褒めるのが大事。三首あったら、ニ首はダメで×をつけて、

          一首だけ褒める。


良い歌とは。

         だから、現象とか、フィクションでもいいから。具体がある歌が

         大事だと思います。--略


         歌や詩、芸術も文学もすべて、「心から心へ」伝わるためには

         言葉が必要。わからない言葉を使っちゃダメなの。--略


         新聞のタイトルみたいな言葉ばかり組み合わせて言っても

         ダメだしね。


         幼いころから、何を見てきたか、読んできたか、知ってきたか。

         教育的な教養とは違うものですけど。知的なものだけでなく、

         何を見、何を知り、何を身にもって生きて来たかということ。

         それが土台になって、抜くことができない性格が、生きて

         来た道にできちゃってる。--略

 


         人間の質がどんな歌にも出ちゃうのよ。選ぶときも、歌う

         ときも、その質が大事なんじゃないかなあ。






一語一語の言葉の中に、歌詠みたちに寄せる馬場さんの愛情と、

信念が籠っている。


このインタビューの連載、今後もたのしみである。

 

 

2018年5月16日 (水)

「岸田劉生と椿貞雄」 久留米市美術館

劉生の〈麗子〉に逢いに久留米市美術館に行った。

〈麗子〉といえば前髪を真っ直ぐ切り揃えている髪型が印象深い。

「麗子之像」・「麗子座像」・「麗子立像」と劉生のたましいの籠る〈麗子〉が

展示されていた。

出品目録を見ると「麗子微笑」がなかった。

私の記憶にあるのは朱い絞りの着物の「麗子微笑」なのだが…

毛糸の肩掛けをした「麗子微笑」もあるのだが…

(この出品目録には「微笑」の作品名は見当たらなかつた。)

今回は「麗子十六歳之像」があり、初めて観ることができた。

16歳の〈麗子〉は、童女のころの〈麗子〉と違い、ずいぶんと嫋やかで

あったことよ。



劉生の個展を見て入門を決意したとされる椿貞雄の

「童女像」・「菊子座像」など劉生の影響を感じられる。

椿貞雄は、劉生(1929年、38歳没)の製作姿勢を受け継ぎながら、家族の

作品など意欲的に描いている。

椿貞雄の自画像を観ると、太い眉に目鼻だちのくっきりした、今風にいえば

イケメンである。俳優さんにしたいような…



cat     cat

石橋文化センターは「春のバラフェア」の開催中(5月20日まで)だったので、

園内をしばし散策。

ノスタルジーやアバウトフェイス、ブルームーンなどさまざまな色の

薔薇が咲いていた。名札がそれぞれに付いており、香りの強弱まで

明記されているのはとても親切。

オレンジ色のプリンセスミチコもあった。



近藤先生を思い出すアカンサスの花が咲いていた。

先年亡くなったAさんのお庭にも今頃は咲いていることだろう。

      近藤先生宅の庭から春日井市のI さん宅に移植されたもの。

      そのI さん宅のアカンサスを北九州のAさんが頂いて庭に

      植えたのだが、根付かず、再度送って貰ったことを生前話していた。

      2回目に送って貰ったアカンサスは立派に根付いて繁茂している。

      彼女の葬儀の日には祭壇の傍らにそのアカンサスの花を

      供えた。

      全国の「未来短歌会」の会員のお庭には2世や3世、4世の

      アカンサスの花が今頃咲いているかもしれない。

      
     


バラフェアでは、薔薇苗の販売もしていた。

ストローベリーアイスのピンクの薔薇を買いたかったけど、

博多まで持って帰るのは無理かなと、心惜しみつつ諦めた。

2018年5月15日 (火)

季節の便り⑧  特定健診結果報告書

今朝見たらミニトマトが小さな愛らしい実をつけている。

数えると7個ついていた。

律義に実をつけてくれているミニトマト。

毎朝の水遣りもたのしい作業だ。


ワサビ菜は、もう葉っぱが出ず、薹がたって菜の花に似た花が咲き、

その花が種子になっている。そう、菜種と同じような。


先ほど、机の横に下げている温度計を見たら、なんと℃26。

外は暑いだろうな。



届いた「特定健診結果報告書」をつらつらと読んでいる。

まぁ、想定はしていたが、「軽度LDLコレステロール」には、まいった。

「生活習慣の改善を心がけて下さい」と総合所見の文字。

今回、前回、前々回と数値が並んでいると、体の変化が一目瞭然。

2016年より体重が3キロ弱の増加。

生活習慣の改善って、さて、何をしたらいいんだろう。


M さんから頂いた空豆。

莢を剥くと、なんと赤い豆だった。

空豆は空豆なのだが、「ササゲ」っていう種類かもしれない。

名前を聞くべく M さんにメールを入れるけど音沙汰なし。

ご飯に炊くと「アズキご飯」になるみたいなので、炊いてみた。

赤飯になっていた。(M さんより返信あり。「初姫」という名前の空豆。)



先だっては、H さんに頂いたツタンカーメンの豆は「赤飯」にして

美味しういただいた。

そして、新ワカメを T さんから沢山いただいた。

レシピを参考にしながら、とっかえひっかえ(笑)ワカメ料理を作っている。



今のこの季節、美味しいものばかり。

                        従って、太る、太る。

2018年5月14日 (月)

映画「蝶の眠り」中山美穂主演

作家・松村涼子(中山美穂)は、遺伝性のアルツハイマーに侵されて

いることをある日知る。

発症して3年くらいで死に至るかもしれない不安の中で、新しい何かに挑戦し、

やり遂げるために、大学の講師をはじめる。

そこで知り合った30歳年下の韓国人留学生・チャネ(キム・ジェウク)。

涼子の執筆活動を助けるためにチャネは共に住む。


               あなたは眠っているとき両手を上にあげていたよ。

               韓国では「蝶の眠り」って言うんだ


2人の共同生活は満ち足りて、しあわせに包まれていた。

目が覚めるといつも傍らにチャネがいる。

しかし、そんな生活もいつか清算しないといけない時が来る。


中山美穂の立ち居振る舞いの美しさ。

そして、ソ・チャネの眼差しの清らかさ。

すてきな2人だった。



               アルツハイマーになっても愛された記憶は

               覚えていて、愛し合った2人にはわかる……の。



cat     cat

アートアクアリウム展に行った。

大きなガラスの水槽 ? に沢山の金魚が泳いでいる。(いつかテレビで観た

のが、〜博多・金魚の祭〜として開催されていた。5月16日まで。)

めくるめく万華鏡のようだった。

みなさん、インスタ映えするとかで、カメラを写すことに夢中だった。

2018年5月 8日 (火)

追悼 金子兜太   『俳句』 2018年5月号  

雨の1日だった。

今日は春日へ。早めに出たので図書館で1時間ほど読書。

『俳句』 5月号は金子兜太氏の追悼特集だった。


先だって久留米の教室で M さんが「荒凡夫の句」という歌を

出していたので、へぇ、ファンがいたのだと嬉しくなっていたところだった。




梯久美子さんの追悼エッセイを真っ先に読む。

梯さんらしい兜太氏への接触に快哉。

やはり、モノカキの人だと思った。





安西篤さん、宇多喜代子さん、佐佐木幸綱さんの追悼座談会も

良かった。佐佐木さんの若かりし頃の酒豪ぶり(笑)を想像させられた。


ところで、この号にはわたしの大好きな池田澄子さんの

特別作品50句が掲載されていた。

その中より 3 句紹介。


         石段に水溜りあり山法師

         仔猫かな甘嚙みだってもう出来る

         雨雲や変わりようなく君は蛇

                 「掬えば揺れる」 池田 澄子


cat     cat

山法師の花、エゴの花、ベニバナトチノキの花。

木の花がことのほか目をひく季節。

 

この雨のせいかしら、わがやの朝顔の芽が次々に出てきている。

ミニトマトもずいぶん丈が伸びた。

2018年5月 4日 (金)

1983年5月4日以降  『現代詩手帖』 1983年11月臨時増刊

      昭和十年十二月十日

      ぼくは不完全な死体として生まれ

      何十年かかゝって

      完全な死体となるのである

      ‥‥                寺山修司

1983年5月4日に亡くなった寺山修司を追悼する臨時増刊。

35年前の『現代詩手帖』を繙く。

「(寺山修司)周辺アルバム」は、寺山修司が15年越しに住んでいた

松風壮の写真なども掲載されている。



作家、詩人、評論家など多くの人が対談や執筆をしているのだが、

歌人では福島泰樹さん、岡井隆さん、佐佐木幸綱さん、篠弘さん、

馬場あき子さんの名前がある。

その中で佐佐木幸綱さんの文章の締め括りの言葉に注目した。


      ‥‥略 つまり、大きな「本当」をうたおうとした点で

      寺山修司はきわめて伝統的な歌人であったわけだが、

      誰もそうは言わない。ここに歌人寺山修司の後世での

      残り方の問題があるのである。

              「歌人寺山修司は残るか」  佐佐木幸綱




この文章に目が止まったのも、寺山修司の歌はフィクション即ち虚構ばかり

だと思われがちだが、あながちそうもいえないようだ。

晩年(と、言っても45歳の時)に出版した『月蝕機関説』に、掲載されていた

以下の短歌はどうだろうか。


       父親になれざりしかな遠沖を泳ぐ老犬しばらく見つむ

                      寺山修司『月蝕機関説』


この歌については、東陽一氏が「寺山修司氏の親和力」として触れている。

「‥‥しかしぼくはぼくの理由で、これが寺山の遺した『私』についての最期

のことばだと思わないわけにはいかないからである。」


それにしても『現代詩手帖』は、1992年5月号でも特集として「寺山修司

のポエムワーク」を組んでいるし、1993年4月臨時増刊は「寺山修司」だった。

今年は没後35年。


       私は肝硬変で死ぬだろう。そのことだけは、はっきりしている。

       だが、だからと言って墓は建てて欲しくない。私の墓は、私の

       ことばであれば、充分。

                       「墓場まで何マイル ? 」  寺山修司

2018年5月 1日 (火)

短歌は人生 ? それとも表現 ? 「短歌人」 2018年5月号

当、ブログのタイトルの「短歌は人生 ? それとも表現 ?」 の特集が

「短歌人」で、企画されており24ページに亘って論じられていた。

時宜に叶ったテーマだと思ったのは、このところ私自身が「短歌は人生」に

関心があったためともいえる。

総論を菊池孝彦氏が「人生派と表現派の行方」として考察していた。

「人生派」・「表現派」の各々の執筆も具体的に論じられており、読み応えが

あった。





       ‥‥略 やはり、私の短歌は私の人生から逃れられないのだと思う‥

    ‥‥略 表現派の歌人と思われる人であっても、自身の人生から

          逃れることはできないのだ、という思いを深くした。

                    「わが実作を語る 人生派」 加藤隆枝




加藤さんの「人生派」の意見に私はもっとも近いかもしれない。

一方、「表現派」を標榜する文章を読むと、なるほどなるほど‥‥



    ‥‥略 作者個人のもろもろの情報を取り払ってもなおそこに存在

          する言葉、言葉だけがいつまでも輝いている、そんな歌に

          出逢いたいし、自分でも作りたいと希っている。「よみ人

          しらず」の歌を作ることが作歌の究極の目的であると言い

          換えてもよい。‥‥略

                  「わが実作を語る 表現派」 大谷雅彦



大谷さんの希望 ? する「言葉だけがいつまでも輝いている」歌。

わからない訳ではないけど、1首だけ勝負(笑)の時はそれでもいいけど、

歌集単位で読むと、どうなのだろう。

言葉だけがキラキラと輝いていても、その言葉に添うニンゲンが伝わって

こないと虚しいような気もする。

いずれにしても、みんな色々と考えているんだ。




大室ゆらぎさんが「‥‥略 短歌は人が書くものだけれど、それを作者の

『人生』と混同してはいけないし、作者や作品を『人生』という『物語』として

消費することは何より厳しく戒めなければならない。」って、書いていたけど、

そんな〜と、反発もしたくなる。





十人十色、いろいろあってもいいじゃない。



「消費することは」など、書かれたら、消費している積もりもない、わたし及び

「人生派」の人が泣くよ。








cat     cat

ところで、全然違う話だけど「編集室雁信」で、藤原さんの書いていた

「重要なお願い」のこと。




やっぱり、そういうことがあったのですか。




つい先頃、S・T  さんから聞いたばかりの話。

「出そうと思った原稿がくしゃくしゃになつたので、アイロンをかけたの。

そしたら書いていた文字がみ〜んな消えてしまったの」






笑い話よ、って笑ってやった。

あのフリクションのボールペンはペンの後ろに付いているラバーの

摩擦熱で消えるの。熱に弱いのよ。

アイロンなんてかけたら最悪。

でも、戻す方法があるのよ。マイナス20度まで冷やすと復元できるらしい。

(そんなことわたしはしたことはないけど。)



だいじな原稿や公文書にはフリクションのボールペンで書かないこと。


これから、暑くなるし、ね。

2018年4月26日 (木)

哀悼

定席の机の上に飾られたカサブランカと白菊そしてスターチスの白い花。

遺影と歌集『黒の瀬戸』を飾り、皆さんと同じように席にはお茶とお菓子を。



北九州のSさんが泣きながら、電話してきたのは3日ほど前だった。

息子さんと奥様の連名で亡くなられたことを葉書で知らせてくださり、

はじめてS・Kさんが亡くなったことを、私たちも知らされたのだ。

葬儀も家族葬になさり、高齢の奥様のために「弔問などは誠に

失礼ながらご辞退申し上げます。」と記されていた。


S・Kさんとは、長いおつきあいながら、ほんとうに S さんが云うように、

決してタメグチなどつかないかただった。

そして、歌会の詠草はいつも真っ先に届いた。

真面目で、勤勉家のかただった。


今日のお花を用意してくださった S さんが、「偲んでくださいね。」と、

帰り際にそのお花をくださった。

帰宅してその花を飾り、ひととき偲ぶ。


いまでもS・Kさんの声がきこえるような気がする。

本日は、239回目(月に1度)の北九州の歌会だった。


なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)の花が散らずに待っていてくれたけど、

あの白い花は、今日はなんだか泣いているように見えた。

夜、デスクトップの背景を「なんじゃもんじゃ」の花に代えた。

2018年4月24日 (火)

幹生花(かんせいか)

本日の宿題をする。

宿題をするといってもパソコンで検索すればたちどころに解る。

(この便利さに慣れてしまった。)


以前から気にはなっていたのだが調べることもなく過ぎてしまっていた事案。

桜の幹から直接、花が咲いていますよね。

              あれはなんというのですか ?

              何か名前があるのでしょうか ?


本日の質問に答えが出せずにいたのだ。

「蘖(ひこばえ)」は、稲などを刈り取ったあとに芽生えるものだけど、

桜の場合は「ひこばえ」とは言わないよね。



答えは「幹生花(かんせいか)」。

植物の幹に直接開花するのを「幹生花」という。そして、

植物の幹に直接結実するのは「幹生果(かんせいか)」。

カカオの実は幹生果である。

ウイキペデイアは、まこと親切。


そして、他にはベストアンサーたちの声。

「胴咲き桜」・「胴吹き桜」の呼称もあった。

このように幹から直接、花が咲くのは樹勢が弱っているのが原因らしい。



と、いうことで、知らないことばかり。

いつも何か教えられる。

質問されたり、逆にわたしが教えを乞うたり。


こんな時間のたいせつさを、しみじみ思う。

«志垣澄幸歌集『黄金の蕨』 青磁社