2017年12月25日 (月)

お知らせ「暦日夕焼け通信」を閉鎖します。

          当、ブログを閉鎖することにいたしました。

         理由は、わたし自身の体力・精神力の温存のためです。

         持ち時間のことを考えますと、閉鎖するのが潮時のようです。

         しかし、やむにやまれず書きたい思いが生じた時は戻ってまいります。

         読んでくださった皆様方、ありがとうございました。

              干支の犬二匹描きしちひさなる掛軸かけて来む年を待つ

                       2017年12月25日  miyoko

2017年12月21日 (木)

「平成夫婦善哉」 河野丈洋・角田光代   週刊朝日  12・29

「週刊朝日」の12月29日号は猫の表紙なり。

その猫につられて買った週刊誌。(ホントは「平成夫婦善哉」が読みたかった。)





ともあれ、今号はスゴイことになっている。

丸ごと一冊ネコ特集 cat

特別付録が「岩合光昭の子猫カレンダー」だし。

「ネコ ! ネコ ‼  ネコ!!!」 のページ、「猫語を話そう」・「愛猫との死別」

「お犬さま、お猫さま10の質問」と猫満載となっている。

そして、絵巻や浮世絵、名画に描かれたネコたち。

竹久夢二の黒猫、丸山応挙の「菜花遊猫図」など。

猫好きな人たちへのクリスマスプレゼントみたいだ。






ところで、肝心の角田さんご夫婦の対談。

その前にお二人の写真には、やっぱり、丈洋氏に抱かれた愛猫「トト」はんが。

飲み友達だった2人が結婚したのは2009年とか。

女の子にふられた丈洋氏と離婚したばかりの角田さん、傷ついた2人が身を

寄せ合った、わけだ。

「人と別れることは耐えがたくつらいことだと思うけど、頑張ってください」と

告げた丈洋氏。

すてきなお二人だ。

2017年12月20日 (水)

歌集『遠音よし遠見よし』 伊藤一彦  現代短歌社

「心の花」に入会したのは1968年、来年で50年になる著者の

518首を収めた第14歌集。

牧水研究家としても高名な著者だが、日本の各地を旅し、そして、

日向(宮崎)の地をこよなく愛していることが歌からも伝わってくる。

    姫島はあさぎまだらの休息地ふぢばかまのうへ低く高く飛ぶ

    久久に逢ひて拝める阿修羅像 より若く見ゆわが老いし分(ぶん)

    私(わたくし)は人ではないとあぢさゐが人のかほしてまつしろに咲く

    次つぎに滝壺のなかに飛びこめる紅葉(もみぢ)の速度びめうに違ふ

    神楽のくに日向(ひうが)にありて今年まだ神楽を見ぬは言はずに秘密

    被災地に行きしは一度 何もしてゐないと歌ふも震災詠か

    境とはへだつるところ境とはあひあふところ この世は境

    めぐりなる家家まもり社のみ大屋根落とし静まりてをり

    夫婦二人どこにも出でず誰も来ぬ稀なる一日(ひとひ)ふたり

    宴(うたげ)す

    フランス語に似ると言ふ人ときにある日向弁もて花の雲語る


①首目は、大分県の東国東郡(ひがしくにざきぐん)の小さな島。わたしの

 故郷から近く、伊美港から船が出ている。お盆には「キツネ踊り」で観光客

 が多い。近年はアサギマダラの飛来地としても有名になり津々浦々から

 人々が観賞に訪れる。

②首目、阿修羅像を拝んだ時の「より若く見ゆ」の発見 ? が、ユニーク。

④首目、何が飛び込むかと思いきや、紅葉でホッとした。しかし、その

 飛び込む速度が微妙に違うとは、よくよく観察している。

⑤首目、「神楽を見ぬは言はずに秘密」が、いかにも著者らしい。悪戯っ子の

 ような茶目っ気さが微笑ましい。

⑥首目もまこと正直というか、人間性の感じられる歌。

⑦首目は、今年のお正月にお参りした阿蘇神社はいまだにシートが

 被されていた。しかし、参拝客の多さは、「めぐりなる家家まも」った

 所以でもあろう。

⑩首目、日向弁がフランス語に似ているとは、知らなかった。










いずれの歌も平明であり、一読、意味も理解できる。

変に文学的にしようなどという気負いのないところがいい。

足の向くまま、気の向くまま、(必要に迫られての旅もあるだろうが)各地を

旅し、人との出会いやふれあいを愉しんでいる様子がなんとも爽やかで

ある。

充実の七十代、充実の第14歌集である。タイトルになった歌は下記。

    遠音よし遠見よし春は 野への道ひとり行きつつ招かれてをり

                     2017年12月15日発行   2700円+税




cat          cat

速報で〜す。

あろうことか、あの北大路翼(きたおおじ・つばさ)さんが、朝日新聞の

「ひと」欄に掲載されています。本日、12月20日の朝日新聞の2面です。

アウトロー俳句を出版したということで〈時の人〉になってしまいました。

著名人になってしもうた、と、一抹の寂しさがなきにしもあらずですが、

まぁ、喜ぶことにしましょう。

           太陽にぶん殴られてあつたけえ



     

           僕にとって俳句は世の中に対する疑問や悩み、

           怒りがきっかけで生まれる。だから俳句事体

           アウトローな行為だよ


その言や良し。

著名人になってしもうて、己れを規制しないこと(笑)。

博多から応援しています。

 

 

2017年12月19日 (火)

冬の夜海眠らねば眠られず  鈴木真砂女

ことしも残すところ10日あまり。

なにか取りこぼしていることがあるのではなかろうかと、

案じられもする。いや、取り零すしかない諸々が机上周辺に。



今朝の新聞(朝日)に、佐藤モ二カさんが写真入りで紹介されていた。

「新時代の表現者たち ⑥」、肩書が詩人・作家となっていたのに、少々

戸惑う。そりゃあそうだろうと思いつつ、「歌人」って入れて欲しい気がしない

ではない。「移民の記憶を言葉で残したい」と語っていた。

勿論、短歌を詠んでいることも語られていた。



昨夜は夢うつつでメールを読み、夢うつつでショートメールを返していた。

常になく、早寝してしまっていたのだが。

それから、目覚めて、眠られなかった。(愚痴では、なかと(笑))


         冬の夜海眠らねば眠られず    鈴木真砂女








今日から3日間、走ります。

続けて走ります、走り続けます。

2017年12月14日 (木)

プリンターを酷使して

朝からプリンターをフルに使っていたら案の定、インク切れ。

マゼンタが無くなったら、ブラックまでも残量少し。ええい、仕方がない。

近くの電器屋をあれこれ考えたら、橋をわたって西鉄大橋駅の近くに

B電器屋さんがある。

寒いけど、自転車で行くことに。

寒いには寒かったけど、空が青くて綺麗。冬の陽ざしをたのしみながら

サイクリング ?

ヘリコプターが2機、旋回している。(なんか、あったと ? )


B電器屋さんで頂いたカレンダーがユニーク。

アジアの大きな地図。その地図には各国の「ありがとう」の言葉が記されて

いる。  


       日本        ありがとう

       北朝鮮      カムサハ二ダ

       大韓民国     カムサハ二ダ

       中華人民共和国   シェシェ

       ベトナム      カムオン

       モンゴル     バャルララー

       タイ        コップクン

       カンボジア    オークン

                           等々。


午前中に挫折した印刷を再開しなくちゃ。やれやれ‥‥

 

2017年12月13日 (水)

歌集『そらみみ』 宇田川寛之  いりの舎

2000年から2015年の作品、415首を収めた第一歌集。

それにしても「短歌人」に入会したのが20歳のとき、と「あとがき」に

書いているので、およそ10年間の作品は一部を除いて、削ってしまった

ようである 。

      青年を自称したれど木の芽どきからだの芯から傾いでをりぬ

      さくらさくら誰のものでもなきさくら今年のさくら見ず逝きし人

      労働は石のごとくに冷たかりいきなり風邪をひくこともある

      いきなりの別れのあとはどしやぶりになればいいのに、取り

      残されて

      毀誉褒貶なきもさびしき、表現の岬にわれは取り残されて

      参道をひとはあふれて去年よりわづかに大きな熊手を買ひつ

      仕事場の契約更新ありにけり変はり映えなきことをよろこぶ

      ねこじやらしを我に教へてくれし子と木陰の歩みしばしゆるめぬ

      平凡に生きて平凡に死にたいとおもふ二月の雪の舞ふなか

      ゆとりなき暮らしはつづきかたはらに猫を飼ひたいといふ声のあり



ナイーブな若者の心情が淡々とうたわれている。

高揚感といったものはあまり伝わって来ない。従って、作品が騒がしくなく

常に一定の温度を保って、一人の世界(家族もいるが)が、うたわれている。








3首目、4首目と偶々結句が「取り残されて」の同じフレーズになって

しまったが、その意識はかなり根強いのでは、ないだろうか ?

6首目、7首目と仕事に関する歌、ことに6首目には1年ごとに前年よりも少し

大きめの熊手を買うという経営者ならではの姿勢が窺える。

「生活即短歌」ということなどを想起してしまうほど、この歌集は演技性 ? 

皆無である。わたしはそのことをとても尊く思っている。

30代、40代はまだまだ「エエカッコ」したいと思うのだが、その片鱗さえもない。

着実なのだ。



10首目の歌など、さしずめ近代短歌の流れを組むような1首でもある。

そういえば、近代歌人たちの歌には、このようなシチュエーションの歌が

多くあった。みんな貧しく、子だくさんで、子どもに玩具の一つも買って

やることが出来なかったのだ。

時代は、現代。

子は(妻かもしれないが、いや、この場合は子よりも妻の方がいい。笑) 

猫を飼いたいと言う。

猫を飼うためには、ペット禁止のマンションなどでは飼うことが出来ない。

妻にしてもこころなしか、寂しいのであろう。

いずれにしても「ゆとりなき暮らし」が現状である。









作者は「短歌人」所属であり、編集委員でもある。

作歌を始めて四半世紀、短歌という自己表現があったこと、その短歌を

作り続けたということは「取り残されて」では、断じてなく、むしろ自信を

持っていいのでは、ないだろうか。









                   2017年12月15日   2500円+税

 

2017年12月12日 (火)

『京都うた紀行』 河野裕子・永田和宏  文春文庫

『京都うた紀行』が、文庫本になっていたので買って来た。

「歌人夫婦、最後の旅」の副題が付いている。

この書の初出は、京都新聞の2008年7月〜2010年7月の2年間に

河野裕子さん25回、永田和宏さん25回の「京都歌枕」の連載だった。


この初回の連載が新聞紙上に載るのと前後して、河野裕子さんの乳癌の

転移・再発が告げられた。しかし、河野裕子さんはその連載の2年間を化学

療法と向き合いながら、頑張った。

そして、2年の連載が終わり、打ち明げの対談を終え、1カ月も経たずに

あの世へ旅立ってしまったのだ。(2010年8月12日逝去、享年64歳)


京都、洛中・洛東・洛北・洛西・洛南、そして滋賀の歌枕を訪ねて、足を運び、

その地にちなむ歌人の歌を取り上げ、二人も作品を寄せている。

「この人と一緒にここにくることはもう二度とない」の二人の思いをおもいつつ

読んでゆくと胸が締め付けられるような痛みと悲しみに襲われる。



      人には、生涯に一度しか見えない美しく悲しい景色というものが

      あるとすれば、あの秋の日の澄明な鴨川のきらめきが、わたしにと

      とってはそうだった。この世は、なぜこんなにも美しくなつかしいの

      だろう。泣きながらわたしは生きようと思った。     「賀茂川」

 

           来年もかならず会はん花楝(はなあふち)岸辺にけぶる

           このうす紫に              河野 裕子








       ーー略 誰にもすがることができず、為(な)すすべがなく、それでも

       生きていかなければならなくなった時、人には祈ることしか残って

       いない。ーー略                       「寂光院」

            みほとけよ祈らせ給へあまりにも短かきこの世を過ぎゆく

            われに                  河野 裕子



「河野裕子とともに  あとがきに代えて」の永田和宏さんの文中の言葉

「河野裕子はさまざまの大切なものを残してくれたが、この一冊も

その時間と空間を共有した思い出とともに、わたしには大切な一冊となった」

と記している。


                      解説 芳賀 徹

                      2016年1月10日 第1刷  660円+税 

 

2017年12月11日 (月)

『恋するように旅をして』 角田光代  講談社文庫

旅のフォトエッセイ。

紀伊國屋で文庫を漁っていたら、この本が目についた。

パラパラと捲ると、最初の章が「あんた、こんなとこで何してるの ? 」だった。

そのフレーズは身に覚えがあるようなフレーズなので、この本を読むことに。

「あんた、こんなとこで何してるの ? 」 って、常々自分自身に問いかけて

いる言葉でもある。こんなことしてていいのかしら  ?  と思い、こんなことしてて

大丈夫かなと、不安になったりすることがある。

さてさて、この本は角田光代がタイに行き、ベトナムに行き、モロッコに行き、

アイルランドに行き、そこでの失敗や怖い思い(勿論、愉しい思いも)を、綴った

ものである。

しかし、その失敗や怖い思いが旅の醍醐味ともいうべき味わいとなっており、

読みだしたらとまらずに読了した一冊。

       どこへいきたいのか ?  いきたいところなんてない、このバスが

       どこへいくのか知りたいだけだ。

                            「where are we going ?」

                異国を旅するたびに、そこにある空の表情が違うといつも私は

       思っていて、そういえばここモロッコの、世界全体に蓋したような

       巨大な空は、何か意志を持ってこちらを見下ろしているように思え

       る。どこに行っても見られている。頭上に空があるかぎりその

       視線からはのがれることができない。

                    「空という巨大な目玉ーーモロッコにて」



                   解説  いしいしんじ

                   2016年2月1日 第10刷発行  550円+税

cat      cat

ところで、今日知ったのだけど、

新潮社の新刊『もう一杯だけ飲んで帰ろう。』 角田光代×河野丈洋が

たのしみ。買いに行かなくちゃ〜

2017年12月10日 (日)

映画「火花」 又吉直樹原作

第153回芥川賞を受賞した又吉直樹の『火花』の映画化。

原作はすでに読んでいたので、どういう仕上がりになっているのか

気になっていた。

徳永(菅田将暉)の熱演もさることながら、神谷(桐谷健太)が好演していた。

神谷の伝記を書くということで、弟子にして貰った徳永。

徳永は神谷からの呼び出しにはとことんついてゆく。そのあたりの男同志の

友情というか、信頼関係が羨ましいくらいだった。


売れないお笑い芸人をやめて不動産屋 に就職してしまう徳永。

神谷も借金に追いまくられて、姿を消す。

そんな二人が再会するエピローグは、胸がいたくなる。

神谷は、豊胸手術をして笑いをとろうとしている。

原作を読んだ時もこの豊胸手術が気になったのだが、なんだか痛々しい

結末だった。

この先、二人はどうなるのだろう。

どうしたいのだろう。





売れないお笑い芸人と、歌詠み(歌人さん)を同一には論じられないが、

台頭してきた若者たちの短歌熱(?)がいつか醒めるのではないかと危惧

する。短歌では生活できないし、余技 ? にしては時間もお金もかかるような

気がしないでもない。


まぁ、そんなことよりも、先ず、自分自身のことだけど……

2017年12月 7日 (木)

歌集『猫は踏まずに』 本多 真弓  六花書林

『猫は踏まずに』がやって来た。

ネコポスで届いたのは年鑑だったけど、この『猫は踏まずに』は、どうやって

わがやに来たのだろう。

それにしてもなんと愉しいタイトルなのだろう。

愉しいタイトルで、歌も愉しいのが沢山あるのだが、おしまいまで読んで、

再び、読んで、なんだか泣けてきた。

そうか、本多さんってわがやの愚息くらいの年齢なのかと思ったら、また、

泣けてきた。

     わたくしはけふも会社へまゐります一匹たりとも猫は踏まずに

     三年をみなとみらいに働いてときどき海を見るのも仕事

     漢字なら偏と旁のやうなもの手をつながずに歩くふたりは

     さくらちるさくらちるとてわたくしは小金を稼ぎ新聞を読む

     祖母よりも母よりも手は美しい 消費することのみゆるされて

     ふれられてひかるからだがあるころにわたしあなたに出会ひた

     かつた

     死ぬまでにつかひきれないぐらゐあるわたしの自我とハンドソープは

     いまはただ沼と呼ばれてをりますがむかしわたしは湖でした

     ししくしろ黄泉で待つとや待たぬとやくづれはじめるまへにあひたい

     休日の身分証明書(アイディカード)をぶらさげぬわたしの首のこころ

     もとなさ







①首目、 「猫は踏まずに」って、他に何か踏むことがあるのかな。

  「猫踏んじゃった♪」の軽快な曲とは裏腹に、禁忌を課しているような

  決意を感じる。

③首目の「手をつながずに歩くふたり」を〈偏〉と〈旁〉に譬える発想は新鮮。

  その体験がないと浮かばない発想 ?  であることよ。

⑤首目の下句は実感だろう。むかし、妹がつくづく言っていた言葉「消費する

  ばっかりで、生産したことがないってのは、せつない。」が思い出された。

⑥⑦⑧首目の歌は、自虐と自愛のこもごも籠る歌であり、本多さんの肩を

  抱いて、「よし、よし」って、労わってあげたくなった。

⑨首目の「ししくしろ」は、「黄泉」に掛かる枕言葉。他にも「あからひく」

  などの枕言葉が遣われていた。「くづれはじめるまへにあひたい」なんて、

  悲しいではないか。わたしが男だったらすぐさま逢ひに行くのだが……

⑩首目の歌、「身分証明書」を下げている時だけが、存在証明(アイデンティ

  ティー)を得ているような、会社人間なのだ。

 

働くことが好きな会社人間なのだが、それだけでは埋められない隙間が

ある。それは何なのか。

体力だったり。若さだったり、産むという性だったり、一つだけでない、複合的

なものかも知れない。

アラフォーの独身女性の優雅な ? 歌集なのだという先入観で読みはじめた

のだが、いろいろな意味で考えさせられた歌集だった。

 

                                     解説 岡井 隆

                 栞  花山多佳子・穗村弘・染野太朗

 

                                    2017年12月14日 初版発行   2000円+税

 

 

 

«『ピアフは歌ふ』 伊勢方信歌集 本阿弥書店