トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

フウセンカズラ(英名 バルーンバイン)

昨夜、水につけておいたフウセンカズラの種播きをした。

曇り空でときどき雨が降っている。種播きにはうってつけかも知れない。

フウセンカズラの種子には、白いハートのマークが付いている。
小さな袋に入れて、毎年この種子を友人たちに差し上げる。
「ハートのマークが付いてるのよ」と、言うと、みんな喜ぶ。

盛夏から秋にかけて淡緑色の実をたくさん付ける。
紙風船に似たかわいい実が風に揺れているのを見ると
なんとも幸せな気分になる。
夏の暑い盛りにこのフウセンカズラは涼しさを運んでくれるようだ。
今年の夏もがんばろうね、と、わたしは、つぶやく。

2014年4月29日 (火)

『検証・ハンセン病史』 熊本日日新聞社編

2004年3月に出版された本著だが、日本の古本屋で買い、ようやく読了。

津田治子の「人間になりたい、人間になりたい」の言葉が痛切だった。

昨日28日の朝日新聞の夕刊に掲載されていた「ハンセン病 極寒の懲罰房」、
これは、群馬県草津町の国立ハンセン病療養所「栗生楽泉園」。
ここの「重監房」が、園内に資料館として再現され30日に開館するそうだ。

そういえば、昨年末訪れた熊本の「菊池恵楓園」の監禁室が目に浮かぶ。
全国の国立療養所の中でも監禁室が残るのは菊池恵楓だけ。
現在、三室が保存されている。
監禁された当時の人々のことを想い、震えながら見学したのだった。

2014年4月28日 (月)

「短歌人」5月号 落掌

   毎月、月の始めに今月することを箇条書きにして壁に張る。
   少ない月で二十ばかり、多い月で三十ばかりある。
   仕事が終わると赤い線を引いてそれを消す。ーー略(小池)

「編集室雁信」の上記の文章に、ああ、同じようなことをしているなぁ、
と思う。わたしも月のはじめに今月の予定を書きぬく。そして、それが
済むと、棒線で消し、スミの字を入れる。その棒線を入れる瞬間が
たまらなくいい。わたしは机の前に貼っている。

*今日は「健康診断」をして貰った。血圧は105ー56。

2014年4月27日 (日)

遅まき ながら…

ブログをはじめました。

これから、日々のつぶやきや歌のことを綴って

ゆきたいと思います。 sun   

 

トップページ | 2014年5月 »