« 『古歌の宇宙』櫟原 聰 著 不識書院 | トップページ | 朴の花 »

2014年5月 2日 (金)

なんじゃもんじゃの花

博多駅に客人を迎えに行く。

ランチを二人でして、JR博多シティへ。
屋上庭園の「つばめの杜ひろば」に行ったことがないと
いうので散歩。ここの屋上テラスからは能古島や志賀島が望める。
今日は霞んでいて脊振嶺がくっきり見えなかった。

屋上テラスにのぼる階段のところになんじゃもんじゃの花が咲いていた。
この花は別名「ヒトツバタゴ」。好きな花の一つだが、随分むかし松本健一が
対馬に自生するヒトツバタゴのことをエッセイに書いていた。
いつかその花を見に行きたいと思いつつ、未だ花の咲く頃、
訪れていない。

山崎方代の歌
生れは甲州鶯宿峠に立っているなんじゃもんじゃの股からですよ
                              『右左口』より


今日は、なんじゃもんじゃの花をたまたま見ることができ、仕合せだった。

« 『古歌の宇宙』櫟原 聰 著 不識書院 | トップページ | 朴の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/56035120

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃもんじゃの花:

« 『古歌の宇宙』櫟原 聰 著 不識書院 | トップページ | 朴の花 »