« なんじゃもんじゃの花 | トップページ | 被爆 アオギリ »

2014年5月 3日 (土)

朴の花

朴の花が咲いていた。

真近かで見たのははじめて。

朴は、モクレン科の落葉高木。大きな白い花を上向きに咲く。
芳香があり、花弁は9枚。
今日は岩戸山歴史資料館に行き、岩戸山古墳周辺を歩いた。
その古墳を下って来たところに朴の花が咲いていた。
その隣には栃の花も咲いていた。

帰宅して、PCを開き、「日々のクオリア」(一首鑑賞)を読んだら、
一ノ関忠人さんが、前登志夫の9歌集の中から10首も「朴」を詠んだ
歌をあげていた。前さんって、よほど朴の木が好きだったのだなぁ。
朴の葉は広いので、山繭を盛ったり、塩鯖の鮨を包んだり…
花も葉も、そして、葉が散りつくしたとこまでうたっている。


朴の花たかだかと咲くまひるまをみなかみにさびし高見の山は
                        前 登志夫『靈異記』より

« なんじゃもんじゃの花 | トップページ | 被爆 アオギリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/56046467

この記事へのトラックバック一覧です: 朴の花:

« なんじゃもんじゃの花 | トップページ | 被爆 アオギリ »