« 歌集『午前3時を過ぎて』松村正直 六花書林 | トップページ | やまぼうしの花 »

2014年5月11日 (日)

ツタンカーメンの豆ごはん

ツタンカーメンのエンドウ豆を友人から頂いた。

この豆を入れて、ご飯を炊くと赤飯になる、とのこと。
教えられた通りに、お米と塩・このエンドウ豆を入れて炊く。
5・6時間ほどおくと、赤いご飯になるらしい。
炊きたてだとまだ白いふつうの豆ご飯。
逆算してお昼に食べられるように炊く。
先ほど見たら、ホントに赤飯になっていた。
お昼は赤飯だね。


ツタンカーメンの墓から発掘されたというエンドウ豆は
2世・3世、いやいや発掘された時からだと90年以上経っているのか。
だったらもう何世になるのだろう。
このツタンカーメンの豆ごはんを食べたことがある人も多いだろうな。
日本まで来て、こうして縁もゆかりもないわたしごときが食する
というのは、なんだか愉しい。


今朝は廃品回収日だった。

« 歌集『午前3時を過ぎて』松村正直 六花書林 | トップページ | やまぼうしの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/56149562

この記事へのトラックバック一覧です: ツタンカーメンの豆ごはん:

« 歌集『午前3時を過ぎて』松村正直 六花書林 | トップページ | やまぼうしの花 »