« フウセンカズラ(英名 バルーンバイン) | トップページ | なんじゃもんじゃの花 »

2014年5月 1日 (木)

『古歌の宇宙』櫟原 聰 著 不識書院

帯に「どこから読んでいただいてもかまわないと思う。」と

書かれていたけど、構うとしても、どこからでも読むのがわたしの

読み方(笑)。

第一部の「古歌をめぐる旅」の「古典に見る桜歌」がいい。
次の「業平の月」もいいな。
読みだしたらとまらなくなり、最後まで読んでしまいそうだ。

最初の方の「三輪山の歌」は、ゆっくり理解しながら読むことにしよう。
それにしても、櫟原さんは国語国文専攻だけに詳しいことこの上ない。

« フウセンカズラ(英名 バルーンバイン) | トップページ | なんじゃもんじゃの花 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/56012105

この記事へのトラックバック一覧です: 『古歌の宇宙』櫟原 聰 著 不識書院:

« フウセンカズラ(英名 バルーンバイン) | トップページ | なんじゃもんじゃの花 »