« 旧 伊藤伝右衛門邸 | トップページ | 歌集『声を聞きたい』 江戸 雪  七月堂 »

2014年7月27日 (日)

漫画『伊藤伝右衛門物語』  講談社

2011年に発行された、原作 深町純亮、 脚色 津流木詞朗、 画 羽月由憲 

伊藤伝右衛門を漫画にしたものである。


100年前の日本の近代化を支えたのは筑豊の石炭。
伊藤伝右衛門が飯塚に残した功績の素晴らしさを讃える漫画になっている。

伝右衛門は、数え年8歳のときに実母ヨシを失い、直後に父伝六も大病を
患ったために、数年間一家離散のうきめにあう。ーーと、幼いころの伝右衛門の
姿も描いている。


白蓮との結婚も蜜月のときがあったことを「あなたに嫁いだことが、私の心の中で
ほんの少し喜びに変わっております」と、語らせている。


この漫画には、
特別付録①「伝右衛門のこと、飯塚のこと。」
      ②「飯塚ってどんなところ?」と、巻末に付いており、
それが資料として、いい。


他に白蓮関係の書は、以下の通り。(手持ちの分だけですが)

       『踏繪』 白蓮  ながらみ書房  2008年刊 (大正4年刊行の歌集の復刻版)

   『白蓮れんれん』 林真理子  中央公論社  1994年刊


   『柳原白蓮』 井上洋子  西日本新聞社  2011年刊

« 旧 伊藤伝右衛門邸 | トップページ | 歌集『声を聞きたい』 江戸 雪  七月堂 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/56912958

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画『伊藤伝右衛門物語』  講談社:

« 旧 伊藤伝右衛門邸 | トップページ | 歌集『声を聞きたい』 江戸 雪  七月堂 »