« 『ローカル線おいしい旅』 嵐山光三郎  講談社現代新書 | トップページ | 『本などいらない草原ぐらし』 椎名 誠   角川文庫 »

2014年8月19日 (火)

ミシン掛け&お弁当作り

□□□・□□・□□・ジャパンのミシン、MINIを愛用している。

もう20年は使っているのに、1度も修理したことのないすぐれものである。


母の左手の骨折は思いのほかにひどかったようで、ギプスをしている。
その左手を吊る三角巾が白い布を鋏で切ったままのを使っているので、
洗うとほつれてしまう。そのほつれを直すために持ち帰って、ミシンを掛けた。
替え用なので、急ぐことはないと思ったが、他の衣類と共に宅急便で
グループホームに送る。


ミシンを使っているうちに、そうだ、連れ合いの膝の破れたジーンズを
半ズボンにしようと思いたち、鋏でじょりじょりと切って、ミシンを掛ける。
若い人が膝の破れたのをカッコよく穿きこなしているが、おじさんが穿くと
みすぼらしいだけだもんね。(黙っておくと、その破れたジーンズを穿いて出掛けるのだ。)
出来上がった半ズボンを家のなかでもいいから穿いてよ。


ああ、わたしは、こういうミシン掛けなどが好きだったのだと、思う。



でも、好きになれないことがある。それは、お弁当作り。
もう、5000食くらい作ってあげた。あと、何食作ればお弁当作りが卒業出来るのか。
低血圧のわたしは、朝のお弁当作りは苦手。
喋るのもシンドイので、ただ黙々とお弁当を作り、水筒にお茶を詰めて送りだす。
残さず綺麗に食べてくれているので、まぁ、よしとしょう。

« 『ローカル線おいしい旅』 嵐山光三郎  講談社現代新書 | トップページ | 『本などいらない草原ぐらし』 椎名 誠   角川文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57119994

この記事へのトラックバック一覧です: ミシン掛け&お弁当作り:

« 『ローカル線おいしい旅』 嵐山光三郎  講談社現代新書 | トップページ | 『本などいらない草原ぐらし』 椎名 誠   角川文庫 »