« 『白蓮 娘が語る母 燁子』 宮嶋 玲子  旧伊藤伝右衛門邸の保存を願う会 | トップページ | ミシン掛け&お弁当作り »

2014年8月18日 (月)

『ローカル線おいしい旅』 嵐山光三郎  講談社現代新書

旅の名手、嵐山光三郎のローカル線の旅の物語。2004年刊。

「おいしい旅」とあるように、やたら食べ物が満載の旅である。

そして、その文章は抱腹絶倒の面白さ。

    これまで、やりたい放題のわがままな道楽ばかりで生きてきた。
    で、還暦をむかえた月夜の晩に、これからやりたいことを書き出してみると、
    ①寝台列車の旅
    ②駅弁再調査
    ③日本の奇祭めぐり
    ④港町の酒場で酔って女にもたれかかる
    ⑤神社お参り
    ⑥海峡見学
    ⑦不良婦人発見
    ⑧ローカル温泉
    ⑨御利益のある散歩
    ⑩胃がほくそえむ料理

と、ある。この中の①②⑧⑩は、本書で実現できていそうだ。
ことに、①⑧⑩は、満点に近い。
この旅の間の嵐山の言葉は、ズキリと刺さり、そして笑ってしまう。
たとえば、



     還暦を過ぎたら、第二の人生なんか登ろうとせず、ずーっと
     下っていくに限る。あとは温泉につかって、日々くだらぬ冗談ばかり
     いって、ダラダラと生きていきゃあいいのだ。

     全国のジジババよ、ローゴは、団体旅行に頼らない旅をしていただきたい、
     自分で切符をとり、宿を予約してオリジナルの日程をくむなかに旅の楽しみと
     ご利益があるのです。
     
     お賽銭は、還暦以後は1000円にしなさい。ご利益があります。



「還暦」にどうも拘っているようだが、本人が還暦を迎えたためでもあろう。
「身から出たタビ」などと、オヤジギャグを飛ばしながらの、本書の旅物語を
満喫した。いわく「こんなことばかりやってていいんだろうか。いいのにきまっている。」と。
 
 
 

« 『白蓮 娘が語る母 燁子』 宮嶋 玲子  旧伊藤伝右衛門邸の保存を願う会 | トップページ | ミシン掛け&お弁当作り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57110433

この記事へのトラックバック一覧です: 『ローカル線おいしい旅』 嵐山光三郎  講談社現代新書:

« 『白蓮 娘が語る母 燁子』 宮嶋 玲子  旧伊藤伝右衛門邸の保存を願う会 | トップページ | ミシン掛け&お弁当作り »