« 秋明菊(シュウメイギク) | トップページ | バクチノキ »

2014年10月 2日 (木)

『九州の花図鑑』 海鳥社  1995年刊

夕方のテレビで「バクチノキ」の花のことが放映されていた。

え、なんて言ったの ?
バクチノキだって ! !
大濠公園に咲いているのだって……


『九州の花図鑑』で調べると、あったあった。
バラ科、花は9月。葉の付け根から長さ2〜3センチの軸を立て、多数の花を
ふさ状につける。花は白色で、径約5ミリ。多数の雄しべは花弁より長い。


樹皮が剥がれるのを、博打に負けて身ぐるみ剥がされるのにたとえた名前。


知ったからには見に行かねば。

とは、言うものの、明日から3連チャンで教室・歌会・短歌大会と日曜日まで
続く。でも、明日の香椎の帰りに地下鉄に乗れば行けなくもない。
ともあれ、明日次第ということで。


    ばくちの木青き落葉を拾ひ来ぬ暖かき伊豆の村はこひしも
                              土屋 文明

« 秋明菊(シュウメイギク) | トップページ | バクチノキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57557870

この記事へのトラックバック一覧です: 『九州の花図鑑』 海鳥社  1995年刊:

« 秋明菊(シュウメイギク) | トップページ | バクチノキ »