« 博多っ娘(こ)詩集『いきるっちゃん』 うしじまひろこ  石風社 | トップページ | 『九州の花図鑑』 海鳥社  1995年刊 »

2014年10月 1日 (水)

秋明菊(シュウメイギク)

秋明菊は、「菊」ではなく、キンポウゲ科アネモネ属。

菊の花に似た、和風の花で茶花としてもつかわれる。色は白色、ピンク、紅などがある。


久留米から八女に行く途中で、秋明菊の花を何度も見た。
この花の白色がことに好き。


歌人は(?)、「秋冥菊」と表記する人もいるが、わたしは「秋明菊」のほうが好き。
秋の日差しのなかで見るとその白さが際立つ。
明るくて、少しさびしげで…




義母は、義歯が合わなくなったのか、歯茎が腫れているみたい。
歯科の先生に診ていただき、薬で腫れるのを抑えて貰っている。

場合によっては、自分の歯が原因かも知れず、麻酔をかけて抜くことに
なるかも…と、介護士さんがおっしゃる。
それには、高齢だから、大きな病院(久留米)で、診て貰った方がいいとか。

いずれにしても、義歯がないと、固形の食べ物が食べられない。
ミキサーでつぶしてしまった、姿・形のないおかずなんて味気ないよね。


今日は、その義歯を外していたので、すっかりお婆さんになってしまっていた。

« 博多っ娘(こ)詩集『いきるっちゃん』 うしじまひろこ  石風社 | トップページ | 『九州の花図鑑』 海鳥社  1995年刊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57548354

この記事へのトラックバック一覧です: 秋明菊(シュウメイギク):

« 博多っ娘(こ)詩集『いきるっちゃん』 うしじまひろこ  石風社 | トップページ | 『九州の花図鑑』 海鳥社  1995年刊 »