« 『適切な世界の適切ならざる私』 文月 悠光   思潮社 | トップページ | 歌集『逝きし者のやうに』 江田 浩司  北冬舎 »

2014年10月12日 (日)

映画 「ふしぎな岬の物語」 吉永小百合 企画・主演

吉永小百合の企画ということで、どんな映画に仕上がっているのか興味津津だった。

岬のカフェの女主人、悦子が吉永小百合。
甥の浩司が阿部寛、カフェの常連客のタニさんが笑福亭鶴瓶。
ふたりとも悦子が好きなのだけど……

阿部寛も鶴瓶もいい味を出していた。


悦子の入れるコーヒー、悦子の人柄がほんわかと匂ってくる映画だった。


この映画の見所は「きっと大丈夫だよ」と言ひながら、背中を撫でるシーン。





notenotenote
  今日は3連休の中日ということで、映画に行く前に、近くのビール園の
  「ベルギービール試飲会」にhappy01


  工場見学ののち、ベルギービールのステラ・アルトアとヒューガルデンホワイトと
  レフ・ブラウンの3種類の飲み比べ。
  レフ・ブラウンはアルコール分6.5パーセントということだったが、飲みやすかった。



  終わって「世界のビール講座~ベルギービール編」の課程を修了したということで、
  修了証までいただいた。(これって、なんか役にたつとかな?)

« 『適切な世界の適切ならざる私』 文月 悠光   思潮社 | トップページ | 歌集『逝きし者のやうに』 江田 浩司  北冬舎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57657002

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ふしぎな岬の物語」 吉永小百合 企画・主演:

« 『適切な世界の適切ならざる私』 文月 悠光   思潮社 | トップページ | 歌集『逝きし者のやうに』 江田 浩司  北冬舎 »