« 『猫といっしょにいるだけで』 森下 典子  新潮文庫 | トップページ | ミニコミ誌「読婦(どくふ)の友」 創刊準備号 »

2014年11月10日 (月)

『猫といっしょにいるだけで』 読了

         仰向(あおむ)けにごろりと寝ころんだ。見慣れたわが家の天井が

         目の前に広がった。

         大の字になって、横を見ると、私の脇に、ミミと太郎もいっしょに寝
 
         ころんでいる。
 
         そんな私たちを見て、ソファに座った母がにこにこしていた。父が生
 
         きていたころと同じ、母の柔らかな笑顔だ……。
 
         不意に、切ないような、惜しいような、泣きたくなるような感情がやってきた。
 
         しあわせだ……。




と、いうわけで、昨夜やっぱり読了。
添えられている写真がまたカワイイ。
典子さんを虜(とりこ)にしてしまった、ミミ。
ミミに逢いに行きたい。




みなさま、ぜひこの『猫といっしょにいるだけで』を読んで、しあわせに
なってください。平成26年11月に出たばかりの文庫本です。590円(税別)



今日は散歩がてら皇帝ダリアを見に行った。
咲いていた。happy01
一本の木?に、5・6輪は咲いていた。happy01
 

« 『猫といっしょにいるだけで』 森下 典子  新潮文庫 | トップページ | ミニコミ誌「読婦(どくふ)の友」 創刊準備号 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57947283

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫といっしょにいるだけで』 読了:

« 『猫といっしょにいるだけで』 森下 典子  新潮文庫 | トップページ | ミニコミ誌「読婦(どくふ)の友」 創刊準備号 »