« カエンカズラ(火焔蔓) | トップページ | ノコンギク(野紺菊) »

2014年11月 1日 (土)

ナンキンハゼ(南京黄櫨)の紅葉

自生したのか、わたしが種子を埋めたのか、大きくなり紅葉した木。

とても愛らしい葉で、その紅葉がなんとも綺麗。

今日の歌会にその葉っぱを持って行ったのだが、さすが、歌を詠むかたがた
すぐさまその葉を「ナンキンハゼ」と答えてくださった。

ああ、わたしは長いこと、ナンキンハゼとも知らず見ていたことよ。
花が好き、植物が好きなどと言いながら、この体(てい)たらく…



今日の歌会は、熊本から新しいかたがおひとりお見えになった。
「青羅集」の男性のかた。遠い所をお疲れさまでした。とてもいい批評を
してくださり、さわやかな風が。

12月は忘年歌会の予定。

« カエンカズラ(火焔蔓) | トップページ | ノコンギク(野紺菊) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/57859603

この記事へのトラックバック一覧です: ナンキンハゼ(南京黄櫨)の紅葉:

« カエンカズラ(火焔蔓) | トップページ | ノコンギク(野紺菊) »