« 『紙の月』 角田光代  ハルキ文庫   | トップページ | なんしようと? »

2014年12月 3日 (水)

青木繁「海の幸」にお別れを…

40000人余りの人々の署名も叶わず、2016年に東京のブリジストン美術館へ

移ることになってしまった石橋美術館の名画たち。
青木繁の「海の幸」・「わだつみのいろこの宮」・「大穴牟知命」をはじめ、
坂本繁二郎の「放牧三馬」・「自像」など、地元の人たちはいつでも美術館に
行けば鑑賞できたのに…。ほんとうに残念でならない。



今日は久留米に出掛けたので、その名画に逢いに寄った。
チケットだってここほど安い所を知らない。大人500円、シニアは300円だもの。
今日も閑散?としていた館内。


もう、いつでも鑑ることができなくなる。
小品は残すらしいが…それもねぇ。
2015年中は今の状態のままだと思うので、どうぞ、皆様お出掛けください。
                        (なんて、わたしが言ってどうするの)




外に出て、文化センター内を散策。
2匹の猫ちゃんに出会って、写真を撮ったり、遊んでいたら、つばき園に
行く時間がなくなってしまった。



ここには、坂本繁二郎のアトリエも八女市から移転しているので、
公開日を確かめて(イベントにあわせ、期間限定の公開)見学したら
いいと思う。つばき園の奥に「坂本アトリエ」はある。

« 『紙の月』 角田光代  ハルキ文庫   | トップページ | なんしようと? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58167514

この記事へのトラックバック一覧です: 青木繁「海の幸」にお別れを…:

« 『紙の月』 角田光代  ハルキ文庫   | トップページ | なんしようと? »