« 『草笛』 佐竹 游歌集  現代短歌社   …続き | トップページ | 光の街 »

2014年12月10日 (水)

十二月どうするどうする甘納豆     

昨日の帰路、あろうことか最寄駅で下車できず(爆睡 ? )、博多駅まで行ってしまった。

あのまま眠っていたら門司まで行ってしまうところだった。

折り返して帰宅したが、12月はコワイ。睡眠不足もさることながら、気の弛み。

12月も10日になったので、後半の予定表を作る。今年中にやるべきことは

年を越さないようにしなければ…





タイトルにあげた俳句は坪内稔典氏の『落花落日』(海風社 1984年)の
「甘納豆十二句」の最後の12月の句。
この句が好き。そして、12月になると、ついつい「どうするどうする」が口をついて出る。
             (勿論、3月生まれのわたしとしては、「三月の甘納豆のうふふふふ」も
             好きなんだけど…)



と、いうわけで、12月「どうするどうする」なんて、オロオロせずに、
ともかく地道にひとつひとつこなしてゆくしかない。




明日は16時30分集合の会議なので、終ると忘年会 ? かしら。

« 『草笛』 佐竹 游歌集  現代短歌社   …続き | トップページ | 光の街 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58227503

この記事へのトラックバック一覧です: 十二月どうするどうする甘納豆     :

« 『草笛』 佐竹 游歌集  現代短歌社   …続き | トップページ | 光の街 »