« 雨宮雅子さんの生前最後の作品 ? | トップページ | 『100万回生きたねこ』 佐野洋子 作・絵   講談社 »

2015年1月13日 (火)

冬ぼたん

JR箱崎駅で下車して徒歩8分、筥崎宮へ。

参拝をすませて、かねてより見たかった冬ぼたんに逢いに筥崎宮花庭園へ。

今年は雪が降らないために「冬ぼたん」が凛とした佇まいからは、遠かった。

背景が雪だと、雪の白さに映えて冬ぼたんもきりりとしまって見え、

藁で編まれた囲いが風情を醸しているのだが……

それでも、やはり、庭園を巡っていると、こころが穏やかになった。



    寵妾(ちようせう)のごと囲はれてたをたをと咲く冬牡丹くれなゐぞよし

                                   『夢の器』1992年刊



20年以上前に来た時は、雪のなかの冬ぼたんだった。


閉園までいて、近くの県立図書館へ。




« 雨宮雅子さんの生前最後の作品 ? | トップページ | 『100万回生きたねこ』 佐野洋子 作・絵   講談社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58573868

この記事へのトラックバック一覧です: 冬ぼたん:

« 雨宮雅子さんの生前最後の作品 ? | トップページ | 『100万回生きたねこ』 佐野洋子 作・絵   講談社 »