« 『俳句的人間 短歌的人間』 坪内稔典  岩波書店 | トップページ | 200回目の歌会 »

2015年1月21日 (水)

飛梅(とびうめ)未だ0、5分咲き

飛行場へ T を迎えに行く。

飛行機は定時に着き、その足で地下鉄に乗って天神まで。

天神で西鉄急行電車に乗り換え、太宰府天満宮へ。



わたしがお目当ての飛梅は、残念ながら未だ0、5分咲きといったところか。
暖かい日が続かないと、咲きためらっているようである。
ふつう ? の白梅もチラリホラリと蕾が開いているものの、未だ0、5分咲きくらいかしら。



おみくじを引いたら「吉」だった。



むかし、 T  とよく来た「だざいふ遊園地」の入り口まで行く。
T はしきりに懐かしがっていたが、本日は休園日だった。


「かさの家」で抹茶セットを頂く。
梅ケ枝餅はほんのりした甘さで美味しかった。




お別れは握手。
「秋の旅行まで元気でいろよ」と励まされる。
時間に追われている T  ゆえ、あっけない逢瀬だった。



ちなみに T  は、わたしの実の息子ですが、それが、何か……(笑…泣…)


« 『俳句的人間 短歌的人間』 坪内稔典  岩波書店 | トップページ | 200回目の歌会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58657301

この記事へのトラックバック一覧です: 飛梅(とびうめ)未だ0、5分咲き:

« 『俳句的人間 短歌的人間』 坪内稔典  岩波書店 | トップページ | 200回目の歌会 »