« 雨宮雅子の歌 | トップページ | 初雷(はつらい) »

2015年2月 4日 (水)

梅林寺外苑(久留米市)

久留米の教室が終わって「探梅」に。

JR久留米駅から徒歩5分の所に、修業道場として知られる古刹の梅林寺がある。

その寺の外苑には約30種類、500本の白梅や紅梅、枝垂れ梅が植えられている。

もう、咲いているかなと期待しながら行ったのだが、全体的には1・2分咲き? くらいか。

場所や木によっては5・6分咲いているのもある。紅梅の方がいくぶん早いようである。



        探梅や枝のさきなる梅の花    高野素十


この「探梅(たんばい)」は、冬の季語。
梅林の花が咲き乱れているのを見るのは「観梅(かんばい)」それだと、
春の季語になるみたい

そういえば今日は立春、俳句では今日から「春」の季語をつかう?。



「ティーハウス梅苑」で甘酒を頼んだらなかった。
じゃあ、おぜんざいでもと思ったら、それもなかった。
仕方なくコーヒーをゆっくり飲んだ。



まだまだ観梅には早すぎるようだ。




明日は久々にソニックに乗って、中津まで…。

« 雨宮雅子の歌 | トップページ | 初雷(はつらい) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58817641

この記事へのトラックバック一覧です: 梅林寺外苑(久留米市):

« 雨宮雅子の歌 | トップページ | 初雷(はつらい) »