« 空火照り(そらほでり) | トップページ | 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA »

2015年2月12日 (木)

歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA

『百日目』に続く第12歌集で、平成23年秋より26年までの作品を

逆年順に収めている。

著者は大正15年(1926)鹿児島生まれ。今年89歳になる。

創刊100年を迎えた水甕社の9人目の代表である。

昭和30年、「水甕」に入会と略歴に記されているので、在籍期間は60年に

及ぶが、まだまだこの記録は塗り替えられるだろう。






      まだかまだかと半ば怖れて待ちてゐし「水甕」創刊百年の春

      ひとつ火を継ぎて継ぎての百年ぞわれは九人目アンカーにあらず

      変はりしか変はらざりしか小歌誌の百年を問ひわれは苦しゑ

      百年を百一年を繋ぐいま正念場とぞまつすぐのこゑ

         夢はまたひとつの意志の持続である
      夢はまた火色の言葉と知るまでをあなたと歩く熱砂の上を




100年の歴史と伝統のある結社「水甕」の代表者としての熱い思いが
うたわれている。


二首目の「われは九人目のアンカーにあらず」は、最終走者ではないと
断言している。次の人に託すまでの走者であり、10人目の代表者に継ぐ
までは走り続ける現役ともいえよう。




5首目の歌の「熱砂の上を」には、たじろぐ。
結社を担うことの大変さ、そして、その情熱がいささかも亡びていないことを
証明しているような歌である。


春日真木子さんの凛とした佇まいの歌に魅せられてしまった。

                              この項つづく…
 

« 空火照り(そらほでり) | トップページ | 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58914632

この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA:

« 空火照り(そらほでり) | トップページ | 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA »