« お多福南天(オタフクナンテン) | トップページ | 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA »

2015年2月11日 (水)

空火照り(そらほでり)

夕焼けのことを「空火照り(そらほでり)」ということを、はじめて知った。

夕方5時30分、日の沈むのを見守る。40分には沈んでしまい、夕焼けの空になった。

ああ、今日もつつがなく過ごせたと感謝したくなる。

夕食時、2年ものの梅酒を頂いていたのでCCレモンで割って、かるく飲む。

いつもわたしが飲んでいる梅酒よりも濃い。

連れ合いはもっぱら芋焼酎。わたしは焼酎は飲めない。とは言え、

「梅酒にも焼酎が入ってんじゃねーの」と、毎度からかわれる。

Sさんから頂いた、自家製の白菜のお漬物が美味しかった。






☆ ☆ ☆

義母は今日は多少意識がしっかりしていて、顔を見たら涙ぐむ。
あ、わかってる、と思ったのもつかのま、あとはいつもの無表情。
義母の頭のなかを時々覗いてみたい気がする。
どんなになっているのだろう。回線?が切れてしまっているのだろうか。

帰り道、菜の花を摘んで帰る。

« お多福南天(オタフクナンテン) | トップページ | 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/58901988

この記事へのトラックバック一覧です: 空火照り(そらほでり):

« お多福南天(オタフクナンテン) | トップページ | 歌集『水の夢』 春日真木子  株式会社 KADOKAWA »