« 映画「風に立つライオン」 大沢たかお主演 | トップページ | 題詠歌会 »

2015年3月25日 (水)

「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号

本日届いた『短歌』4月号の大特集が読み応えがあった。

「若手10歌人大競詠・同時批評」ということで、小島なお・吉岡太朗・谷川電話・
野口あや子・服部真里子・吉田隼人・大森静佳・藪内亮輔・小原奈実・立花開の
10歌人の評を、

佐佐木幸綱・馬場あき子・花山多佳子・小池光・岡井隆の5名が2名ずつの担当で
前記10名の作品掲載と同時批評をしている。



まず、読みやすいと思ったのは、右ページに作品があり、左ページにその評が
掲載されているので、評と歌を照合しやすいこと。



そして、評をしている5名のいずれのかたも、歌にがっぷりたちむかっている
ことだった。従って「褒め殺し?」 的なことばがないのがいい。
ともすれば、ものわかりのいい評をしてしまいがちなのだが、そこは、さすがと
いうか、納得することばかりであった。




     ただ、発想や表現がやや典型的なところがあり、…  花山多佳子

     作品が作者のものに止まっているかぎり、客観的に自立した作品の
     誕生は望めない。                      小池 光
 
     作者の、いささかの勇み足のようにも思えた。      岡井 隆

     言葉の綾は目立たない方がよかったな、   佐佐木幸綱


     思いは溢れていても対象を本当に見ようとしていない…  馬場あき子




等々の評が心にとまった。10歌人の作品(評、全文も)は、どうぞ、本誌を手にとられて
読んでみてほしい。



本誌の「編集後記」(I)には、
     十代から百歳代までが同じ舞台で同居できている短歌という世界は
     現代にあって大変貴重であり、同世代のライバルとの切磋琢磨同様、
     異世代間で相互に学びあうことが大事だろうと思う。…略 
 

« 映画「風に立つライオン」 大沢たかお主演 | トップページ | 題詠歌会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59405729

この記事へのトラックバック一覧です: 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号:

« 映画「風に立つライオン」 大沢たかお主演 | トップページ | 題詠歌会 »