« 「短歌と詩、その相似と相違について」 | トップページ | 「定型、非定型の差異をめぐって」 現代詩手帖 »

2015年3月 7日 (土)

冴返る月

昨日が満月だったのだが、残月がことのほか美しかった。

午前4時に目が覚めてしまったのだが、冴え返る月をちょっと眺めていた。

そして、今夜の月もことのほか美しい。

今日は歌会があり、会場のカギを返しに行った8階のお宅のマンションから見た月。

見上げる感じではなく、見下ろすような感じだった。

歌会には、熊本から I さんが出席してくださった。


福岡県詩人会のT さんにゼミナールの出席者6名の連絡。

歌集を読む時間がなく、つくづく時間の使いかたをもっと工夫しなければと思う。


« 「短歌と詩、その相似と相違について」 | トップページ | 「定型、非定型の差異をめぐって」 現代詩手帖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59182974

この記事へのトラックバック一覧です: 冴返る月:

« 「短歌と詩、その相似と相違について」 | トップページ | 「定型、非定型の差異をめぐって」 現代詩手帖 »