« 雛の里 八女ぼんぼりまつり | トップページ | 「短歌と詩、その相似と相違について」 »

2015年3月 4日 (水)

さくらんぼの花

さくらんぼの花を K さんが教室に持ってきてくださった。

桜の花に似ているがややこぶりな花。花びらは5枚、蕊がつんつんと立っている。

久留米より小さな枝を2本持って帰ったのだが、萎れそうだったのが、

水揚げもよく、花瓶にさしたその花をいま眺めながらこれを書いている。


歳時記で調べたら「バラ科の落葉高木の西洋実桜の花」とあり、

花の咲くのは4月ごろと書かれている。

それにしても、今日は3月4日なので花の咲くのが早過ぎるのでは…

あれこれ植物図鑑で調べると「暖地桜桃」ではないか、とも思う。

まぁ、いずれにしても「さくらんぼの花」を見たのははじめてなので嬉しい。


今日は電車の車窓より眺めた「白木蓮(はくもくれん)の花」。

弥生の空に向かってほころびはじめていた。

もう1週間もせずに白妙の花が目にまぶしく映るだろう。




風はまだすこしつめたいが、ホントの春は、確実にそこまで来ているみたいだ。

« 雛の里 八女ぼんぼりまつり | トップページ | 「短歌と詩、その相似と相違について」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59146235

この記事へのトラックバック一覧です: さくらんぼの花:

« 雛の里 八女ぼんぼりまつり | トップページ | 「短歌と詩、その相似と相違について」 »