« 日本現代詩人会西日本ゼミナールin福岡 | トップページ | 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号 »

2015年3月22日 (日)

映画「風に立つライオン」 大沢たかお主演

さだまさしの『風に立つライオン』(幻冬舎刊)の映画化。

アフリカのケニアで国際医療活動に従事した日本人医師の物語。

この日本人医師は実在のモデル、柴田紘一郎さん。

大沢たかおがこの日本人医師を演じている。彼は長崎の大学病院から

ケニアの研究施設に派遣される。

銃や地雷で負傷した人々が次々に運び込まれてくる医療の現場。

目を覆いたくなるような手術の場面が幾度となく出てくる。凛々しく

勇敢に立ち向かう柴田医師。そして、そこでの子どもたちとの触れあい。

たいせつな仕事を選べば、日本に残してきた恋人(真木よう子)を諦めなければ

ならない。そのこころの経過が伝わってくる。




アフリカの大地に向かって「ガンバレー、ガンバレー」と叫ぶシーンが何度も

出てくるが、それは自分自身に向かって言っているのだと、看護師(石原さとみ)に

語っている。

大沢たかおの精悍な青年医師に魅せられた。そして、

石原さとみの可憐な看護師姿が、殺伐とした医療現場にやわらかな

光となっていた。


cat  cat
本日、福岡はさくらの開花宣言があった。
あたたかな陽射しでさくらのつぼみも開きはじめたようだ。

午後6時過ぎの真っ赤な大きな夕日。
いつもより大きく見えたのはなぜだろう。


« 日本現代詩人会西日本ゼミナールin福岡 | トップページ | 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59364693

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「風に立つライオン」 大沢たかお主演 :

« 日本現代詩人会西日本ゼミナールin福岡 | トップページ | 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号 »