« 『石原吉郎全集』 花神社  1979年12月〜1980年7月 | トップページ | みつまた(三椏)の花 »

2015年3月17日 (火)

こぶし(辛夷)の花

近くの街路樹のこぶしの花が咲きだした。

白い六弁の大形の花で、白木蓮(はくもくれん)に間違えられたりする。

白木蓮も好きだが、こぶしの方がもっと好き。

こぶしはモクレン科の落葉高木で山野に自生しているのもあるが、

このところ街路樹や庭木として見かけるようになった。

こぶしの別名は、やまあららぎ・こぶしはじかみ、とも呼ばれる。

白木蓮は満開になっていた。

そして、雪柳の真っ白い花が、まさに雪が積もったように、

白い小さな花をつけていた。





今日は総合図書館まで行った。
終って、待ち合わせ場所の紀伊國屋へ。
セーターを着ていたので汗ばむほどだった。



今週は4日もお出掛けが続き、落ち着かない。

さくらの開花も、もうじき……だろう。



« 『石原吉郎全集』 花神社  1979年12月〜1980年7月 | トップページ | みつまた(三椏)の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59305275

この記事へのトラックバック一覧です: こぶし(辛夷)の花:

« 『石原吉郎全集』 花神社  1979年12月〜1980年7月 | トップページ | みつまた(三椏)の花 »