« 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号 | トップページ | 馬酔木(あしび)の花 »

2015年3月27日 (金)

題詠歌会

昨日は北九州での歌会。

同じ九州でも、福岡より八幡の方が桜の花は遅い。

まだ殆ど咲いていない。福岡は3分咲きくらいか。

いつものように題詠2首、お題は「未」。



さまざまな「未」が登場した。未来・未熟・未曾有・未婚・未練・未遂・未亡人・
未年・未草・乙未・未明等々。



ことばは、それだけで俗っぽいものがある。例えば「未練」。そして「未亡人」などは、
ハラスメントになりそうなことばでもある。


題詠が定着したのか、皆さん殆ど2首共に題詠の詠草。




休憩のお菓子は、「ぎおん太鼓」さくらあんが美味しかった。
紅茶をいただきながら、いろいろな話題が飛び出す。
昨日は、皆既月食の話。4月4日の皆既月食を観察しようと盛り上がる。
皆既食の始まりは20時54分、終わりは21時6分。
お天気になればいいが…


ところで、昨日の欠席者は3名。詠草は出ているのでその3名に全員の歌の
批評を赤字でパソコンに入力して、発送する準備。
そのために12時近くまでなった。途中、上弦の月を眺める。
今夜が本来の上弦の月だが、昨夜も見事な美しい月だった。
ビルの上までに傾いた月を眺めていた。


そうして、こうして、3月も残り少なくなってゆく。

« 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号 | トップページ | 馬酔木(あしび)の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59422806

この記事へのトラックバック一覧です: 題詠歌会:

« 「次代を担う20代歌人の歌」 『短歌』2015年4月号 | トップページ | 馬酔木(あしび)の花 »