« 『ふつうがえらい』 佐野洋子 新潮文庫 | トップページ | 「大分青南短歌新聞」平成27年4月号 (第205号) »

2015年4月16日 (木)

久留米つつじ

久留米の街は、いま「つつじ」の花で華やかである。

JR久留米駅のコンコースには大きなつつじの花(鉢)が飾られている。

エスカレーターで1階におりると、バスの発着所だが、そこの花壇も真っ赤な

久留米つつじの花が咲き競っている。

街中の中央分離帯にも、舗道の脇にも、いずこもつつじの花でいっぱい。

そして、嬉しいことに街路樹に「花水木」が植えられている箇所がある。

本町交差点付近の花水木はことに美しい。


今年は「久留米つつじ祭り」の会場の百年公園まで行く時間がなくて、
心残りだが、5月5日までの開催。
約100種類、20万本のつつじが展示・即売されている。

つつじを愛でる時間がないのが残念だが、今年も石橋文化センターの
バラフェアには是非行こう。




今週は教室のため3日もお出掛けで落ち着かない。
と、いいながら、昨夜はBSプレミアムの「さらば トワイライトエクスプレス」の
テレビを観てしまった。
大阪から札幌までの22時間の旅。
1989年から2015年まで走り続けた「トワイライトエキスプレス」。
ことしの3月12日が最後だった。



2017年春から運行されるという「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に乗りたい。
そのためにも、健康でいなければ…

生きていなければ…

« 『ふつうがえらい』 佐野洋子 新潮文庫 | トップページ | 「大分青南短歌新聞」平成27年4月号 (第205号) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59668948

この記事へのトラックバック一覧です: 久留米つつじ:

« 『ふつうがえらい』 佐野洋子 新潮文庫 | トップページ | 「大分青南短歌新聞」平成27年4月号 (第205号) »