« 「花発多風雨」 | トップページ | フリージアの花束 »

2015年4月10日 (金)

花水木(はなみずき)

ミズキ科の落葉高木、原産地はアメリカ。

葉が開く前に花が咲く。4枚の大きな花弁(のように見えるのは総苞片)の

真ん中に小さな4弁花があり、これがほんとうの花。

花は白色と淡紅色がある。

ミズキは水を多量に吸い上げる木で、水木の名前があるとか…

東北では、この木はこけしの材として重要視されている。


水木といえば、たちどころに高野公彦さんの歌が浮かぶ。

      青春はみづきの下をかよふ風あるいは遠い線路のかがやき

                             高野 公彦  『水木』



この歌は4月の雨の中に咲いている「水木」ではなく、イメージとしては、
5月のさわやかな陽光のもとに咲いている「水木」のような気がする。
あるいは、緑の葉の広がった「水木」であろうか。



そういえば、「水木」はいつも5月の連休過ぎくらいに咲くと思っていたのに、
今年は、すでに白色もピンクも咲いている。




4月2日に義母が入院して花を眺める余裕もなかった。


本日10日に退院した。「心不全」などという物騒な病名だったので、
心配したけど、なんとか退院にこぎつけたのは嬉しい。
(ご心配をおかけしました。)


からだのあちこちに管を付けられ、油断すると義母は引っこ抜いてしまう。
両手に大きな手袋(ミット)みたいなものを装着されたのは、痛々しかったが、
そうでもしなければ手に負えない。(承諾済み)



退院の今日はお風呂にも入れて貰い、お昼の食事は完食 ? (と、言っても
お粥とおかずは全てミキサーで潰した柔らかさ。お茶までゼリー状) した。


施設のかたが車で迎えに来て下さり、わたしも一緒に行く。




送り届けて、ようやく、花を眺める気持ちになった次第。
八重桜の花は満開だし、もうフジの花も咲いていた。



筑後川周辺には、今は、浜大根の白い花がけむったように咲いている。
雨の1日だったが、今日は大安ということで、よしとしょう。



        
      どなたにも生きて負ふ苦があるやうな 見せかけだけでも元気でゐたい

                                     『暦日』 miyoko

« 「花発多風雨」 | トップページ | フリージアの花束 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59596991

この記事へのトラックバック一覧です: 花水木(はなみずき):

« 「花発多風雨」 | トップページ | フリージアの花束 »