« ブログをはじめて、1年経過。 | トップページ | 介護日誌 »

2015年4月30日 (木)

『風に立つライオン』 さだまさし 幻冬舎文庫

1988年、恋人を長崎に残し、ケニアの戦傷病院で働く医師、航一郎。

「オッケー、ダイジョブ」が口癖の彼はあらゆる困難のなかでも果敢に医師として尽くす。

そんな彼のもとに担ぎ込まれた少年兵だったンドゥング。2人は紆余曲折の末に

特別な絆で結ばれる。


3月に公開された映画を観ているので、映画の場面とダブらせながら、

読んだが、やはり、原作の方がいい。

2011年3月、成長したンドゥングは、医師となり、東日本大震災の被災地石巻へ
赴く。そこの避難所、朋友館での日々、人間関係がなんともいい。
映画では、ほとんどこの避難所でのンドゥングのことは端折られていた。


失語症になってしまっていた「あつお」が、医師になりたいとンドゥングに告げる…

こうして、航一郎からンドゥングへ、そして「あつお」へと、心のバトンが繋がれてゆく。


読後、爽やかな一書であった。
その中で、ことにせつなかったのは、航一郎が長崎の恋人に出した手紙。
ただ1行だけの万感籠る手紙。



          お願いだから、しあわせになってください





horse
朝顔の芽がほつほつと出始めた。
その芽を見ていたら、唐突に思い出された。
そう、本日4月30日は九條今日子さんが亡くなられた日であった。

亡くなられたのちの新聞の訃報欄で読んだ、言葉が忘れられない。



          皆さん私は今日でお別れです
          そして寺山の待つ世界に行きます
                        中略
          全ての皆さんと会えて楽しい人生を
          送ることができて感謝の気持でいっぱいです
          ありがとう!! 又、会える日まで



愛用のノートに「返礼のことば」と題された鉛筆の走り書き、だったそうだ。
九條今日子さんは、寺山の「同伴者」から「同志」になり「戦友」へ、そして
最後には「義妹」になってしまった、とか…


寺山修司の命日、5月4日がもうすぐ来る。






« ブログをはじめて、1年経過。 | トップページ | 介護日誌 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59828339

この記事へのトラックバック一覧です: 『風に立つライオン』 さだまさし 幻冬舎文庫:

» 映画2題,「レオン」と「風に立つライオン」 [ペガサス・ブログ版]
もう一週間前になるが,テレビを点けたら「レオン」という映画をやっていた(BS朝日,5月2日夜9時).リュック・ベッソン監督の1994年の作品.少女役はナタリー・ポートマン,殺し屋はジャン・レノと,超一流ぞろい. 応援のクリック歓迎 途中からだが,ついつい最後まで見てしまった.家族を殺された少女の,殺し屋を「使って」の復讐劇である.バイオレントなシーンがこれでもかこれでもかと繰り返される.なぜ監督はこんな暴力的な映画を作ったのか,なぜ観客はそれに堪えなければならないのか.おそらく,世界の現実はこれ... [続きを読む]

« ブログをはじめて、1年経過。 | トップページ | 介護日誌 »