« 『夕日に魅せられた川端康成と日向路』 渡辺綱纜 鉱脈社 | トップページ | 『うタタビ フタたビ』 藤野まり子 鉱脈社 »

2015年4月24日 (金)

桐の花

初夏に枝の頂きに多数の薄紫色の花を開く。

花冠は大形で筒状、長さ5〜6センチ位。仰ぎ見る程の高い位置に咲いている。

昨日、北九州に行ったが、黒崎と八幡の中間地点の高速道路の脇に1本の

桐の木があり、花が目についた。

枕草子に「木の花は…」として出てくる花であるが、北原白秋の歌集『桐の花』

だと、どなたもご存知であろう。



     手にとれば桐の反射の薄青き新聞紙こそ泣かまほしけれ

                         北原 白秋 『桐の花』



新しいインクの匂う新聞紙、若い日の感傷・憂愁がただよう。

わたしが「桐の花」をはじめて見たのは能古島(のこのしま)であった。

丘の中ほどに2・3本はあったように思う。その時は何の花だろうかと思い

帰宅して調べると「桐の花」であった。




今年は桜は別にして、何の花も咲くのがはやいようである。

昨日の会場近くの街路樹の「ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)」の白い花も

見頃であった。



cat  cat
珍しい柑橘類が届いた。

「貴婦人の味と香り 黄金柑」は、ピンポン玉くらいの大きさ。
「清見」は、甘夏だろうか。サマーオレンジのようなのは、葉っぱ付き2個。
デコポンの新種 ? が2個 。「匠と極」は和紙の袋に入っており、ミカン色。

ひとつひとつ味わうのがタノシミ。

「熊本伝統の味 からし蓮根」と、天然はちみつの倉永養蜂園の「はちみつ」も
いっしよに入っていて、熊本の味をたっぷりといただけそう。



ありがとう、ありがとう。

元気でいなくちゃ…

« 『夕日に魅せられた川端康成と日向路』 渡辺綱纜 鉱脈社 | トップページ | 『うタタビ フタたビ』 藤野まり子 鉱脈社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/59757766

この記事へのトラックバック一覧です: 桐の花:

« 『夕日に魅せられた川端康成と日向路』 渡辺綱纜 鉱脈社 | トップページ | 『うタタビ フタたビ』 藤野まり子 鉱脈社 »