« 展望テラスで夕日を… | トップページ | 「炭鉱の記憶」 福岡市総合図書館  ホール・シネラ »

2015年6月 9日 (火)

墨田の花火(アジサイ)と扇子(せんす)

墨田の花火といっても、夜空に揚がる花火ではない。

アジサイの花の名前が「墨田の花火」である。

このアジサイの花を知ったのは数年前。

北九州の若松、火野葦平資料館に行った時に見かけた。

その時、はじめて「墨田の花火」という名前を知った。白色の花で可憐な感じがする。

好きな柏葉アジサイの花色も白。

なぜだか好きな花は白色が多い。




cat   cat

今日、その「墨田の花火」と「柏葉アジサイ」の花を S さんと N さんが、
教室に持って来てくださった。
ひとかかえもあるような花だったが、うきうきと電車で持ち帰った。



帰って見ると、ペットボトルを半分に切り、その中に水を入れてアジサイが
萎れないように持って来てくださっていたのだ。こまやかな心遣いが嬉しい。


母の遺影の前と義父の遺影の前に供え、玄関にはたっぷり飾った。
そして、リビング、わたしの個室、それと和室にも飾った。
部屋中が白い花であふれている。




先日、扇子をどこかで失くしてドジな自分を叱りつけていたが、
今日、長年来の友人から新しいのが届いた。

わたしが扇子を失くしたのを察知したかのような贈り物に心が潤う。

そんなこんなで、ドジなわたしだが、身に余る恩恵を浴している。

そして、好きなもの、欲しいものが、わたしの手元にいつかは届く。

« 展望テラスで夕日を… | トップページ | 「炭鉱の記憶」 福岡市総合図書館  ホール・シネラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/60317927

この記事へのトラックバック一覧です: 墨田の花火(アジサイ)と扇子(せんす):

« 展望テラスで夕日を… | トップページ | 「炭鉱の記憶」 福岡市総合図書館  ホール・シネラ »