« 映画 「愛を積むひと」 | トップページ | 『沖縄・奄美≪島旅≫紀行』 斎藤潤  光文社新書 »

2015年7月23日 (木)

『有沢螢歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房

「永遠の少女のような有沢さん」(解説・尾崎まゆみ)の『ありすの杜へ』(全篇)、

『致死量の芥子』(抄)、『朱を奪ふ』(抄)を収めた書。

ほかに歌論・エッセイと解説を併載。解説は、女優の渡辺えり子。

歌人では小池光・岡井隆・黒瀬珂瀾・斉藤斎藤らが執筆している。

その中で岡井隆の解説は、穏やかな筆致であり、これが書かれた時の岡井の

精神状態などを慮った。



          …略 わたしは、ひねくれ者のせいだらう。あまりによく出来た
          連作よりも、その中にひそと置かれた一首、一首に立ちどまって
          暫くものを思った…略




そして、この解説の終りの方で以下のように記している。




          …略 作者の勤務先が、わたしの若いころ勤めた病院の近くで
          あること、また、目立たない程度にではあるが、キリスト教の雰囲気の
          やうなものが、一冊の底流として流れてゐること、あへて言へば、
          この二つのことが、わたしを少し感傷的にさせてゐるのかも知れない…



さて、歌を抽きたいところだが、この書に収められている歌論に注目した。それは、


          「交わらぬ円」ー白蓮と石川美南の「吾」・「私」をめぐって



で、あり、ここに書かれている白蓮に関する、以下の文章に立ち止まってしまった。





          白蓮の歌は、モチーフの古さを超えた瑞々しいロマンティシズム、
          日常からは異化された歌の世界を現出しているようであるが、実は、
          鬼気迫るほど生々しく「吾」にこだわっている点にその本質があるのでは
          なかろうか。そしてその「吾」は物語化された「吾」であり、歌の中にある
          物語を、後に現実の白蓮がなぞっていたかのように思われる。作中人物
          としての「吾」と、作者としての「吾」の間にある差異を作者の方が何年も
          かけてつめていって同化しているのである。…



          彼女の歌は絵空事ではなく、そのしっこいほどの「吾」へのこだわりは
          彼女の人生に先行するものであった。歌人は歌によって評価しない
          のなら、なにによって評価するのだろう。…略



この有沢の明晰な文章。
歌のなかで差し出された「吾」は、こう在りたい「吾」であり、こう在ってほしい「吾」の
先取りともいえよう。

最後になってしまったが、有沢螢の『ありすの杜へ』の中から、とっておきの3首を。



          死なうかと思ひし時にかかりたり虹を知らせる間違ひ電話

          小太りの薬剤師はかる導眠剤 永遠(とは)の眠りにあと一グラム

          わたくしの心のなかに泣いてゐる若紫よ雀を恋ふな   
 
 

« 映画 「愛を積むひと」 | トップページ | 『沖縄・奄美≪島旅≫紀行』 斎藤潤  光文社新書 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/60851352

この記事へのトラックバック一覧です: 『有沢螢歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房:

« 映画 「愛を積むひと」 | トップページ | 『沖縄・奄美≪島旅≫紀行』 斎藤潤  光文社新書 »