« 『沖縄・奄美≪島旅≫紀行』 斎藤潤  光文社新書 | トップページ | 『夢屑』 島尾敏雄  講談社文芸文庫 »

2015年7月28日 (火)

三浦春馬、軍艦島に上陸   FBSテレビ

たまたまテレビを見ていたら、三浦春馬が出ていた。

5月に彼が出た舞台「地獄のオルフェウス」を観たこともあって、親しみが湧き

そのままテレビを見続けていたら、長崎の軍艦島へ水原希子らと上陸することになった。


軍艦島がまだ世界遺産になっていない2010年 11月 14日にわたしたちは行った。
当日、島のガイドをしてくださったのはNPO法人の「軍艦島を世界遺産にする会」の
メンバーだった。

乗船する前に誓約書を書かされた。島では、飲酒・喫煙禁止。物を持ち込まない、
持ち出さないといった条件が付き、上陸中は胸から社員証みたいなカードを
下げることだった。


軍艦島は端島といい、気象・海象条件によっては接岸困難な日が多く、年間100日
くらいしか上陸できないとも説明された。



1916 (大正5)年、日本で最初の鉄筋コンクリート造りの高層アパートが建ったのが
軍艦島(端島)である。1960(昭和35)年には人口が5000人を超えた。しかし、
1974 (昭和49)年、端島炭鉱の閉山により、無人島になってしまったのだ。

世界遺産になった現在、軍艦島を訪れる人はますます多くなっていることだろう。
現にこうしたテレビの放映があると一段と拍車がかかりそう。

ちなみに息子も軍艦島に行きたいと話していた。
わたしは、行くからには歴史的なことも知って欲しいと思い、NPO法人が自費出版した
『軍艦島 住み方の記憶』を送ってやったが…

もう、行ったのかしら?



軍艦島で水原希子も三浦春馬も実に愉しそうだった。
愉しいのはいいことだけど、もう少し、歴史的なことなどにも触れて
欲しかったのだが…だが……


« 『沖縄・奄美≪島旅≫紀行』 斎藤潤  光文社新書 | トップページ | 『夢屑』 島尾敏雄  講談社文芸文庫 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/60932794

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦春馬、軍艦島に上陸   FBSテレビ:

« 『沖縄・奄美≪島旅≫紀行』 斎藤潤  光文社新書 | トップページ | 『夢屑』 島尾敏雄  講談社文芸文庫 »