« 夕顔と三日月 | トップページ | 『有沢螢歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房 »

2015年7月22日 (水)

映画 「愛を積むひと」

北海道で第二の人生を送りはじめた夫婦の物語。

佐藤浩市(篤史・あつちゃん)と樋口可南子(良子)が夫婦役。

仕事一途に生きてきた篤史は、北海道に移住して暇をもてあます。

そこで、妻の良子が家の周りを囲む石の塀を手造りすることを提案する。


夫婦を取り巻く人々の〈愛〉を描いているが、折々に挟まれる北海道の自然、

美瑛の台地に心いやされる。



そして、良子の性格がよく、「あつちゃん、あつちゃん」と、夫をたてる姿が健気である。

みんな何かを抱えて生きているのだが、その根っこに〈愛〉があれば生きて

ゆけそうな気がする。




配役で意外だったのは、吉田羊(久留米出身?)が牧場の奥さん(母親役)を
していて迫力があった。吉田は年齢不詳として売り出された?女優さんだが、
ちっとも違和感なく、肝っ玉母親を演じていた。



それにしても、佐藤浩市って、なんてステキなのだろう。
白髪もさることながら、ジャージーを着ても似合う。



北川景子が娘・聡子役だったが、この父親との和解には泣けてしまった。

« 夕顔と三日月 | トップページ | 『有沢螢歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/60846903

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「愛を積むひと」:

« 夕顔と三日月 | トップページ | 『有沢螢歌集』 現代短歌文庫 砂子屋書房 »