« ゆうがおが2つ咲いた | トップページ | 歌集『ぽんの不思議の』 小島熱子  砂子屋書房 »

2015年8月29日 (土)

外塚喬歌集『山鳩』 柊書房

2005年から2010,年までの「朔日」に発表した作品、610首を収めている。

歌集を開くと4首組みなので、とても多いと感じたのだが、読みすすめると、

そうでもない。と、いうのは、平易な言葉遣いだし、作者の心理を面白がって

読んだせいかも知れない。





      現実は芥子(からし)の効いた納豆のやうなものだと認識させる

      二日ほどこゑを聞かねば三日目に山鳩のこゑを聞きたくて呼ぶ

      蛇が蛙を飲み込むときの匂ひなり真二つに割(さ)かれたる白菜は

      感情を揺さぶるこゑはほそくして涙ながらのこゑがとどくも

      お互ひが口を割らねばたもたれる平安といふあぶない橋だ

      らうそくの炎をゆらす風のやう山鳩の飛ぶ夢の終りは

      職を退きて七年たてどわれはまだ鰥寡孤独(くわんくわこどく)の世界に入らず

      平身低頭われはあやまる 人を産む女人の力にねぢふせられて

      母の死にて生き甲斐のひとつなくなれば身のなかほどを風吹き抜ける

      風の音さやかなれども精神の突つかひ棒となる母はゐず


1首目の「芥子(からし)の効いた納豆」がどんな味なのか、わたしは納豆を
食しないのでよくわからないが、「認識する」ではなく「認識させる」の表現がユニーク。
認識させられる、ということか。



2首目の歌は、「山鳩」を詠んでいる。6首目にも「山鳩」が。それ以外にもあったが、
作者はよほど「山鳩」が好きなのだろう。深読みをすれば「女人」ともとれない
ことはない(笑)



3首目の「蛇が蛙を飲み込むときの匂ひ」を知っているのかしら。
わたしは知らないが、なんとなくわかるような気がする。
気持ち悪い歌だが、この捉えかたは研ぎ澄まされた感覚の人でないと感じないだろう。



4首目は明らかに女人の「こゑ」。こういった「こゑ」は、男性にとっては困る、困るんだ。



7首目の「鰥寡孤独(くわんくわこどく)」っていう熟語をはじめて知った。
そういえば、夫婦はいつかどちらかが、「鰥寡孤独」の世界に入るんだ、嗚呼。



歌集の終章は、御母堂が亡くなられた歌を収めていて、ジンとした。
ことに、9・10首目の歌は、息子の心境をあますなく伝えている。

男の子は母親が亡くなると、糸の切れた凧のようになるともいわれているし…
「生き甲斐のひとつ」であり「精神の突つかひ棒」なのが母親なんだ。


« ゆうがおが2つ咲いた | トップページ | 歌集『ぽんの不思議の』 小島熱子  砂子屋書房 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/61381912

この記事へのトラックバック一覧です: 外塚喬歌集『山鳩』 柊書房:

« ゆうがおが2つ咲いた | トップページ | 歌集『ぽんの不思議の』 小島熱子  砂子屋書房 »