« 歌集『みどりの卵』 時田則雄  ながらみ書房 | トップページ | 『ヨーコさんの“言葉"』 佐野洋子 文 北村裕花 絵  講談社 »

2015年9月 9日 (水)

受賞記念対談 川上弘美×又吉直樹  『文學界』 9月号

又吉直樹の加計呂麻島への旅のテレビを見てから、彼の動向が気になりはじめた。

受賞作も読んでいないのだから、ファンともいえないが…

川上弘美との対談を読みながら昨今の短歌界の「私」問題と絡むものがありそうな

気がした。





      又吉  自分とすごく距離を保っている部分と、どうしても自分が出てしまって 

           いる部分があるなと思うんです。でも、ムチャクチャ個人的なことだな

           というところは、自分と重なっている部分がありますね。

      川上  実人生と重なる部分って、小説中のごく些末なところだったりしません?

           たとえ、私小説であっても、書かれた人物と作者が全部重なるなんて

           あり得ないのだけど、どのくらい自分を重ねるかっていうのは、作品に

           よって違うと思うんです。



先日読んだ、角川『短歌』9月号の特集「『私』をどう歌うか」とも重なるテーマである。

その中で、松村正直の「作者と作中主体、そして読者」の下記の言葉が腑に落ちた。


短歌の中に出てくる「われ」を批評などで「作中主体」と呼ぶことがある。

この「作中主体」と、現実の「作者であるわれ」との関係を松村は下記のように

論考している。

 

         そもそも、言葉を用いて表現する段階で、作者と作中主体が完全に一致

         するなどということはあり得ない。その一方で、作者が詠んだ歌である

         以上、 作者と作中主体が全く無関係ということもない。ーー略








     

今日は八女で彼岸花が咲いているのを見た。
まだつぼみが多かったが、今年はじめての彼岸花であった。
いつもだったら、うれしくなって摘んでしまうのだが、その元気がなかった。

野にある花は、やはり野に置いておく方がいい、よね。
       

« 歌集『みどりの卵』 時田則雄  ながらみ書房 | トップページ | 『ヨーコさんの“言葉"』 佐野洋子 文 北村裕花 絵  講談社 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受賞記念対談 川上弘美×又吉直樹  『文學界』 9月号:

« 歌集『みどりの卵』 時田則雄  ながらみ書房 | トップページ | 『ヨーコさんの“言葉"』 佐野洋子 文 北村裕花 絵  講談社 »