« 「今日が一番若く、新しい…」 | トップページ | 「九大短歌」 第三号 »

2015年10月29日 (木)

有明の月

目が覚めたら有明の月が西空に。

その月を眺めていたら、ああ、わたしは日本にいるのだとため息が出た。

朝、成田を出発の筈だった。

明日は、マドリッドを観光して、午後はトレドを観光する筈だった。

結局、息子に20パーセントのキャンセル料まで払わせてしまった。

彼はスペインに行ったのか?

怖くてメールもしていない。





昨日は八女へ往復 4 時間かけて行った。

滞在時間 1 時間、義母の容態が気になっていつも頭の中は義母のことばかり。

毎日、薄氷の上を歩いているような…






桂保子さんの歌集『天空の地図』(ながらみ書房)にあった歌を思い出す。



       泣かないでほしいと今夜も言はれたりいちばん泣きたいだらうひとより


泣いている時間はいまのわたしにはない。

ひとつひとつ丁寧に心を込めてするしかない。




ガーデンシクラメンの花の赤さがまぶしい。

« 「今日が一番若く、新しい…」 | トップページ | 「九大短歌」 第三号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/62264753

この記事へのトラックバック一覧です: 有明の月:

« 「今日が一番若く、新しい…」 | トップページ | 「九大短歌」 第三号 »