« 『テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅』 野田隆  光文社新書 | トップページ | とらねこ あの人自身かも »

2015年11月30日 (月)

時間術

今日で11月もおしまいだ。

ホントに月日の経つ速さを実感している。

それとも、わたしの時間のつかいかたが下手なのだろうか。

いつだったか、N さんに、忙しいあなたはどうして時間を遣り繰りしているの ?

と、訊ねたら「わたし、常に 10 くらい掛け持ちしながら仕事をしているよ」と応えられた。

あれをしながら、これをする。ということがわたしには出来ない。

一つ片づけないと次に進めないのだ。(律儀というか、生真面目というか、

融通がきかないというか。)

何にしても、この方法はなんとか改善(卒業)しなければ…






本阿弥書店の『歌壇』に、「私の時間術」という1ページエッセイが連載されている。

毎月書く人はかわるのだが、その11月号で小池光さんが下記のように

仕事量 ? を書いていた。






        やるべき項目は、少ない月で20、多い月で30くらいあるだろうか。

        平均25くらいの見当。短歌人の添削、選歌にはじまり、新聞歌壇

        (四紙ある)の選歌、カルチャー教室の準備、実行(新宿と横浜で計三回ある)

        仙台文学館の仕事(月に二三回仙台に行く)、歌会が月一回か二回、

        短歌人の編集会議、原稿書き、歌つくりなどである。






書き写すだけでも悲鳴の出るような仕事量である。

これを毎月毎月、酷暑の日も、厳寒の日も続けるのだから、

やっぱり歌人はスゴイ。

そして、忙しい人ほど「いい仕事をする」のだろう。





ああ、それにしても、明日から12月だなんて、信じられない。


12月って言っただけで、なんだかあわただしそう。


« 『テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅』 野田隆  光文社新書 | トップページ | とらねこ あの人自身かも »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/62746897

この記事へのトラックバック一覧です: 時間術:

« 『テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅』 野田隆  光文社新書 | トップページ | とらねこ あの人自身かも »