« 角川 『短歌』 2015年12月号 | トップページ | 時間術 »

2015年11月27日 (金)

『テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅』 野田隆  光文社新書

テツは四種類いる。

それは、「乗りテツ」「撮りテツ」「収集テツ」「模型テツ」の四つである。

この書は「テツ」ファンの指南書でもある。

こまかいことまで分析してある。





まぁ、わたしなどは「乗りテツ」というほどのマニアでもないが、わがやのお手洗いには

大きな日本の白地図が貼ってあり、乗車した区間には赤の線が入れられている。





このところ、遠出することが出来ず「乗りテツ」もお預けの状態。

従って、「乗れない」というストレスは溜まる一方である。





今日も今日とて、〈現実逃避〉のために、宮脇俊三の『車窓はテレビより面白い』(徳間文庫)

などをつらつら斜め読みしたり…





何やってんだろう、わたしは。






『うたのある歳月』(本阿弥書店 2010年8月刊行)のわたしのエッセイ集の書評(「飈」113号)

で、小高賢さんが「彼女がかなりの鉄道ファンとはじめて知った。」など書いてくださった

ことを思い出した。「今、流行りの『鉄女』だったとはー」だって…





嗚呼、旅がしたい。







cat     cat

有明の月がとても美しかった。

ふたりで眺めていた。

そういえば、昨夜は満月だったのだ。

« 角川 『短歌』 2015年12月号 | トップページ | 時間術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/62709200

この記事へのトラックバック一覧です: 『テツはこう乗る 鉄ちゃん気分の鉄道旅』 野田隆  光文社新書:

« 角川 『短歌』 2015年12月号 | トップページ | 時間術 »