« 角川『短歌』 2016年1月号 | トップページ | 初日の出 »

2015年12月28日 (月)

数え日

今年の1年、残る日数が少なくなってきた。

午前中に郵便局から小包2個、レターパックプラス1個、レターパックライト1個を

送り、ハガキ2枚を出す。




メールの返信が遅れている、というより、出せずにいる。諸々の感情がよぎり、

書けない。

みなさん、ごめんなさい。わたしは元気です。





この1年、たくさんのひとたちに支えられてきた。

そのことを有り難く、そして、幸せに思っている。



         

     数へ日にしかとメモして義理一つ    富安風生  『齢愛し』 

風生は94歳まで生きた俳人。『米壽前』の句集に「年忘れ忘れてならぬ恩ひとつ」がある。





机の周辺を片づけないと年が越せない? かしら。

大掃除もしないといけないけど、今年は小掃除(笑)くらいにしとこう。





花山多佳子著の『森岡貞香の秀歌』(砂子屋書房 2015年12月 刊)を読みかけている。

はやく続きが読みたい。




      たとへていはば守勢にあらむ一部屋をかくも片付けたるきのふけふ




第6歌集『百乳文』のなかに収められており、花山さんの鑑賞は、




      なるほど、と腑に落ちる心理の機微があっておもしろい。部屋をやたら

      片付けたりするときは、何かに手をつけかねているような気分のことが多い。

      とりあえず片付けたりするのだが「かくも片付けたる」がユーモラスだ。

      守勢作戦というものもあるので、消極とばかりは言い切れないのである。

      誰でも覚えがある心理だが「守勢」なんてふつう言わない。こういう言葉を

      持ち出すところが森岡らしい。ーー略

年末の大掃除(小掃除)から、話が飛んでしまったが、このブログは明日から

しばらく、お休みします。





      みなさま、どうぞ、良いお年をお迎えください。 cat

« 角川『短歌』 2016年1月号 | トップページ | 初日の出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/63190885

この記事へのトラックバック一覧です: 数え日:

« 角川『短歌』 2016年1月号 | トップページ | 初日の出 »