« 『歌人の死』 福島 泰樹  東洋出版 | トップページ | 『シズコさん』 佐野洋子 新潮文庫 »

2016年1月19日 (火)

耳納連山雪景色

朝9時前に家を出る。

電車の遅れを心配したが、上下線ともに運休もなくそれほど遅れていなかった。

原田・基山あたりがいちばん吹雪いていたし、雪も積もっていた。

山も田んぼも真っ白に雪景色。

こんな景色は博多では滅多に見ることはできない。


お昼の会食なので11時集合、揃ったところで3台のタクシーに分乗して、

ホテル M (レストラン S)へ。

東館2階の室は、お庭が見えて池があり、赤い太鼓橋?が架かっている。

紅梅が2分咲きくらいだった。

ここのホテルはブライダルも有名で今日も1組のカップルが、花嫁さんの姿が見えた。



     

       先付の、鮟肝塩蒸し霙和えが美味しかった。

       旬菜の、魚蕗の薹味噌焼きが珍しく、

       豆乳と湯葉の擦り流しの喉越しが良かった。

       野菜の炊き合わせの新竹の子を味わい、

       メインは、鰆蓮根蒸し。

       蟹味噌茶碗蒸しを食し、雑穀米の釜炊き御飯も美味しく頂いた。

       苺のロールケーキのデザートも美味しゅうございました。




美味しいものを食べられる幸せをつくづく思い、誰彼に感謝したくなった。

庭に降る雪を眺めながらの3時間余りだった。

勿論、短歌もみっちりしましたよ。(笑)

       

« 『歌人の死』 福島 泰樹  東洋出版 | トップページ | 『シズコさん』 佐野洋子 新潮文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/63545991

この記事へのトラックバック一覧です: 耳納連山雪景色:

« 『歌人の死』 福島 泰樹  東洋出版 | トップページ | 『シズコさん』 佐野洋子 新潮文庫 »