« 短歌教室 | トップページ | 「大分青南短歌小誌」 平成28年1月号 №214号 »

2016年1月14日 (木)

太宰府天満宮へ

8時25分に着くとメールがあり、空港まで出迎え。

昨年は1月21日だったので、ことしは1週間はやく太宰府天満宮へ。

昨年は、空港より地下鉄で天神まで出て、天神から電車に乗り換えて

行ったのだが、今年はバスで行くことにした。




こんな便利なバスがあることを福岡にいて今迄知らなかった。

太宰府に直行のバスがある。

バスは空港の国際線から出るので、シャトルバス(無料)で国際線乗り場まで行く。

高速道路をつかって太宰府へ直行。(大宰府政庁跡・太宰府市役所には停まるが)

25分しかかからない。料金も500円と安い。





飛梅は残念ながらまだ1分咲きにもなってなかった。

この寒さに戸惑っているのだろう。

しっかりお参りして、かさの家で「梅ケ枝餅」をいただく。

縁起茶セットのお茶は茶柱が立っている。

彼は「梅ケ枝餅」と「甘酒」。




ことしの逢瀬もまたたくまに過ぎてしまった。

スペインへは彼も行かなかったって…

2人分のキャンセル料を払ったんだねぇ。


さて、今年の旅行先の希望は ? と言われても、このご時世では、

外っ国に行くのは… ? ?




« 短歌教室 | トップページ | 「大分青南短歌小誌」 平成28年1月号 №214号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/63468445

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰府天満宮へ:

« 短歌教室 | トップページ | 「大分青南短歌小誌」 平成28年1月号 №214号 »