« 魂が追いついてくるまで… | トップページ | 真玉海岸の夕陽 »

2016年1月27日 (水)

NHKテレビ「歴史秘話ヒストリア」 からくり人形の不思議な世界

たまたまテレビを観ていたら久留米駅前のからくり時計が大写しに。

あれ、何なのと番組表を見ると、「からくり儀右衛門」だった。

からくり儀右衛門(田中久重)は久留米市出身の江戸時代の人。

数々の「からくり」を考案しているが、なかでも「万年時計」は有名だろう。

これは国立博物館 ? に保存 ? されているらしい。





今日も今日とて久留米まで行き、ちょうど12時だったので、からくり時計の蓋が開いた

ところをを見たばかりだった。

ふだんはその時計は時計のままなのだが、1時間(30分?)おきかに蓋が開き

儀右衛門さんがいろいろと解説する。

今日は珍しくその大時計をカメラで撮ってきたのだった。(旅行者のように)







cat    cat

博多の街は雪のかけらももう見られないが、原田・基山・鳥栖あたりまでは、

田んぼもまだ白く雪が積もっていた。



わがやの鉢の「折鶴蘭」「金の成る木」は、凍傷で全滅してしまった。

うかつにも家の中に入れるのを怠ったからだ。

ほんとうに可哀想なことをしてしまった。


« 魂が追いついてくるまで… | トップページ | 真玉海岸の夕陽 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/63671477

この記事へのトラックバック一覧です: NHKテレビ「歴史秘話ヒストリア」 からくり人形の不思議な世界:

« 魂が追いついてくるまで… | トップページ | 真玉海岸の夕陽 »