« 『たましいのふたりごと』 川上未映子×穂村弘  筑摩書房 | トップページ | 未来福岡歌会 »

2016年1月 7日 (木)

臘梅(ろうばい)の花

昨年、じゃなかった1昨年は「臘梅の花」を見たのは12月だったような

気がするのだけど、今年は本日ようやく「臘梅の花」に逢うことができた。

12月には、花を見る余裕もなかったのかしら。



近所の裏庭に古木の「臘梅の花」がある。

散歩がてらゆっくりそこを通った。

臘梅はことに香りがいい。

黄色の花も押し付けがましい黄色でなく、ほんのりとしている。

その裏庭はあまり手入れされていないのだけど、その感じが趣があっていい。




その臘梅のめぐりには、野水仙がいちめんに咲いていて、これまた香りを放っている。

裏木戸が開いていて「どうぞ見て行ってください」とは、だれも言わなかったけど…

不審者と間違えられても困るので、立ち去ることにした。





明日は義母の「初月忌(しょがっき)」。

もう1ケ月が過ぎたのだ。

早立ちして、八女に行く。

« 『たましいのふたりごと』 川上未映子×穂村弘  筑摩書房 | トップページ | 未来福岡歌会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/63358718

この記事へのトラックバック一覧です: 臘梅(ろうばい)の花:

« 『たましいのふたりごと』 川上未映子×穂村弘  筑摩書房 | トップページ | 未来福岡歌会 »