« 記念トーク「作家の生活」へ | トップページ | 三月の…… »

2016年2月28日 (日)

長酣居の梅の花

第五回琅玕忌出席のため熊本へ。

生前の石田比呂志さんが住んでいた長酣居の梅の花に逢いに行った。

2月も末の本日はとても良いお日和で、満開の梅の花を期待しながら

行ったのだが……

なんということでしょう。

梅が、梅が、梅が伐られてしまっている。

2メートルくらいの高さのところで、どの枝も伐り落とされていて、

花などどこにも見えない。






梅の木のとなりに立っているカボスもほとんどが茶色になっていて、

あわれな姿のままいくつも下がっていた。




なんでなの?

悲しくなってしまった。

琅玕忌の本日の講師は高橋睦郎さん。

         生涯に渡って〈私性〉にこだわってうたった歌人と石田比呂志を

         位置づけ、〈私〉にこだわると、より地獄になること?

         など、〈私性〉についてのお話をされた。

         〈私〉を解放することがだいじなのではないか……とも語られた。







本日の出席者への記念品は石田比呂志さんの句集『楪』。

以下は後記の文章の抜粋。






         石田比呂志没後、筐底からこのような一束の原稿が出てきた。

         二〇〇八年早春の心臓バイパス手術後、毎日、手帖に句を

         作っていたことは知っていたが、このような表書きまでつけた

         清書の束があろうとは思わなかった。遊びではあろうけれど、

         文筆に一生を費やして生きた者の根性に打たれるものが

         あった。ーーー略                  阿木津 英








         楪(ゆずりは)の散りてはらりと親子かな      石田風天子『楪』

         熟れ残る香母酢を叩く初霰                  同

         大馬鹿のここにも一人木瓜の花               同

         躓きし昨日の石はこれかいな                 同

         残寒や江津湖の鴨の三羽五羽                同









直会(なおらい)の席での高橋睦郎さんのお話はぐ~っと、くだけて

皆で笑い転げてしまった。





角川『短歌』の2016年3月号の「一位の歌びとーー葛原妙子の素顔」の講演録を

再現するかのように、葛原さんの「最晩年のお鰻(うな)」の人真似をして語るものだから、

可笑しくて、可笑しくて……。




話は次から次へと盛り上がり、森茉莉の人真似までして、皆を大いに

愉しませてくださった。

とてもいい琅玕忌になりました。

来年は七回忌。

みなさま、またお会いしましょう。








cat     cat

はじめて乗った新幹線「みずほ」は熊本を出たら、次の停車は博多。

あっというまに博多に帰って来た。


 

« 記念トーク「作家の生活」へ | トップページ | 三月の…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64194158

この記事へのトラックバック一覧です: 長酣居の梅の花:

« 記念トーク「作家の生活」へ | トップページ | 三月の…… »