« 星座早見 | トップページ | 彼岸桜散りはじめる »

2016年3月25日 (金)

「朔日」 2016年4月号 №268

巻頭エッセイの外塚喬さんの「趣味」の以下の言葉に共感した。

          趣味はと聞かれて、なぜか短歌ですとは言いにくかった。ーー略ーー

         短歌は余技としてのものではないことは確かだが、歌を詠んでいますと

         人に対して堂々と告げることができない。このことは人によっても異なるが、

         大方の人に共通するところではないだろうか。ーー略



そうなんです。なかなか人に大っぴらに言えない。

短歌をしている人に対してはふつうに言えるのだが、ごくごく日常の中で出会う人には

言うことができない。今の住まいに越してきて20年以上経つ。その時から行くように

なった美容室。なんだか奥歯に物がはさまったような会話にいつもなってしまう。




「今日はこれからどちらへ」 「はい、まぁそのぅ……」

「お休みはどこかへ出掛けられましたか」 「はい、あのぅ…(もじもじ)」





なんだか、わたし、宗教か何かに凝っている人って思われていないだろうか?

かくして,あたりさわりのない「猫」の話と「花」の話の方にそれとなく逃げる。

こんなことでいいのだろうか?







肝心の「朔日」のことだけど、もう一つ大事なことが書かれていた。

「編集部より」の欄。





          文章を書くときに、他の人の書いた文章や歌などを引用することが

         あります。ーー略

         引用するときは、書物や作者名を正確に写すことが大切です。一字

         一句の違いも許されません。ーー略

          自身の作品や文章が間違って引用された場合のことを考えて、文章を

         書くようにして下さい。
    



ほんとうに、そうだなぁと思う。

引用する時は、どこからの、誰の歌(文章)の引用ということをしっかり記すのが

基本だろう。そして、一字一句間違えないように。



果たして、今日のこのブログは大丈夫か?
       

 

« 星座早見 | トップページ | 彼岸桜散りはじめる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64639891

この記事へのトラックバック一覧です: 「朔日」 2016年4月号 №268:

« 星座早見 | トップページ | 彼岸桜散りはじめる »