« 長酣居の梅の花 | トップページ | 山茱萸(さんしゅゆ)の花 »

2016年3月 1日 (火)

三月の……

「三月の甘納豆のうふふふふ」

朝日新聞「折々のことば」(鷲田清一)に取り上げられていた

稔典(ねんてん)さんの甘納豆の句である。

        略ーー甘納豆をほおばりながら、長かった冬の厳しさが終わり

        春はもうすぐそこ、と思うと、自然に顔がほころんでくる。それだけで

        いい、いや、それがいいーー略





なんだけど、それが、その、そういふわけにゆかないのが現実でもあつたりする。





        四月には死んだまねする甘納豆     『落花落日』「甘納豆 十二句」より

                                    坪内稔典

        五月来て困ってしまう甘納豆            同






わたしには、寧ろ「四月には……」や「五月来て……」の心境なの。

稔典さんの句をもぢつて「三月には死んだまねする甘納豆」とか

「三月来て困つてしまふ甘納豆」かな。





やつぱり、三月は〈試練の月〉だつたりもするわけで、わがやには受験子は

ゐないものの、なんだか、こころ落ち着かない。

       三月の机上散乱ゆめうつつ     miyoko


 

« 長酣居の梅の花 | トップページ | 山茱萸(さんしゅゆ)の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64218959

この記事へのトラックバック一覧です: 三月の……:

« 長酣居の梅の花 | トップページ | 山茱萸(さんしゅゆ)の花 »