« 彼岸入り | トップページ | 『まひるの散歩』 角田光代 新潮文庫 »

2016年3月20日 (日)

映画「家族はつらいよ」 山田洋次監督

山田洋次監督が「どうぞ、声を出して笑ってください」と挨拶したらしいが、

ほんとうに声を出して笑ってしまったコメディだった。




三世帯同居の主は橋爪功、その妻は吉行和子。

妻の誕生日を発端にして騒動が起こる。

離婚状を妻が要求するのだ。

夫は寝耳に水というか晴天の霹靂で「俺は被害者だ」とわめく。

かくして、一家はてんやわんやの大騒動。





長男は、西村雅彦、その妻は夏川結衣。

次男が妻夫木聡、その恋人が蒼井優。

妻夫木が真面目な青年を演じており、恋人の蒼井優が清涼剤のような役割を

していた。

離婚状を突き付けた妻はカルチャースクールに通っていた。

小説を書く講座なのだ。妻はここで目覚めたのかな。





さて、結末はどうなるのでしょう。

肩の凝らない、愉快な映画だった。ちょっぴり泣けるけど。

こんな映画を熟年夫婦あるいは老年夫婦で観るのも、なんだかなぁ……

« 彼岸入り | トップページ | 『まひるの散歩』 角田光代 新潮文庫 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64551266

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「家族はつらいよ」 山田洋次監督:

« 彼岸入り | トップページ | 『まひるの散歩』 角田光代 新潮文庫 »