« ハクモクレンが咲きはじめた | トップページ | 『美人の日本語』 山下景子  幻冬舎 »

2016年3月 8日 (火)

ミモザの花

コミュニティバスに乗っていたら、ミモザの花が目に飛び込んで見えた。

「あ、ミモザっ」と声に出そうになった。

バスを降りて見に行きたかったが、時間が迫っていたので諦める。

ふれあいセンターに到着する前にも、保育園の門のそばに咲いていた。

この真っ黄色のもやもやっとした感じが大好き。





そういえば、ミモザの歌が1首あったことを思い出した。



      ぽあぽあと膨らむ黄(きい)のかたまりはミモザの花か 確かめに行く

                          『暦日』(角川書店 平成24年7月刊)




この歌を作った時も同じような状況だったのだ。(かわってないな、わたしは…)

ミモザの花で思い出したのはあと一つ。三宅霧子さんの『風景の記憶』の装幀が

ミモザの花だった。さいとうさんにこの装幀を真っ先に褒めたような記憶が……している。





cat     cat
今日は義母の月命日だった。
はやいもので亡くなってから、もう3か月になるのだ。


宅急便を一つ送る。
一つ送ったら、一つ着いた。



今日は赤い札入れ(お財布)を頂いた。
ぎょうさんお金が溜まるお財布だとか…ありがたや~(笑)

« ハクモクレンが咲きはじめた | トップページ | 『美人の日本語』 山下景子  幻冬舎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2032066/64349341

この記事へのトラックバック一覧です: ミモザの花:

« ハクモクレンが咲きはじめた | トップページ | 『美人の日本語』 山下景子  幻冬舎 »